麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

≫ EDIT

銀座 朧月(おぼろづき)@銀座(新店)

まだ、、、
大つけ麺博第3陣をアップ途中ですが、
10/18オープンのお店へ、初日に行ってきたので即アップ!
(ルール違反?!)

鉄は熱いうちに・・・つけ汁に入れろっていうしね。
(あっ、それはTETSUですね!)


というボケはそこそこに、

先週末にひと段落つき(ホントは全然ひと段落ついてないけど)
ほっと気が抜けてしまったのか、
週明けて咳が止まらず、鼻水が出てきて、ちょっとぼぉーっとする症状に・・・。
巷では風邪というやつらしいですが、ここ数年しばらくかかってなかったので
いまいち実感がわかず。
でも、金曜は夜中から酒を飲み
土曜日は昼から酒を飲み、日曜は海へGO!!
コンディションいまいちながらも
IMG_0447_20101019235131.jpg
3時間ほど千葉北片貝で入水を楽しみ・・・

その後、向かったのは
先日、キタナシュランで3つ星を取った九十九里にある
我らが「金沢食堂」
IMG_0449.jpg
この店を発見したS先輩やR先輩に連れられて来てから
数年前からしょっちゅう通っているこのお店ですが、
先日のキタナシュラン放送後、激混みになった!との情報を受けて
10時30分~11時頃の開店に向けて10時ちょうどに店先に到着!
何とか1番乗り♪なるも、1分後に次のお客さんが・・・
みるみるうちに行列が出来てしまいました。。。
IMG_0457_20101019235240.jpg

あまりにも暇で帽子で遊ぶIGちゃん
IMG_0452.jpg

で、店が開店したのがちょうど1時間後の11時
もちろんおやじさんからは「お待たせしましたー」なんてナシ(笑)
席をおやじさんに指定され座って、20数席が埋まったところで
注文を開始。

一番乗りのボクは、
久々にイワシの刺身があることを知り、
イワシ刺身 プラス アジのたたき定食1200円を注文♪
(この店の鯵のたたき=なめろう)
IMG_0453.jpg

すると・・・

おやじ「それ2人前と一緒だよ!(刺身とたたきだから)
    おめーが頼むと、あとの人間の分が1個ずつ遅れていくんだぞ!」
ボク 「えー」
おやじ「そりゃそーだろ!」
ボク 「え・・・でも、食いたいし・・・」
おやじ「みんなぁー、こいつが2人前頼むから、あとの分遅れるよー」
ボク 「(苦笑)。でもせっかく並んだし。いつもこれだし」
おやじ「しょーがねーなー
    オレは刺身とかたたきとか作るの嫌いなんだよ」
ボク 「苦笑」

ってことで、
いつもの口の悪いおやじさんに更に磨きがかかった感じ(笑)

でも憎めないですね。

ちなみに、少しでも多くの人に食べてもらうためにご飯大盛はナシ。
このご時世だからビール出すのもナシですと。

なんか、テレビ出ちゃうのもいいのか悪いのか・・・
いつもはゆっくり「ろくでなしブルース」読みながら
この店のゴマ漬けとたたきと刺身や天丼を満喫してたんだけどなー

そんなキタナシュラントロフィーもきちんと飾られてました。
キタナシュラン

ま、しゃーないか。
多くの人においしい味を楽しんでもらうってことですかね。

1時間半待って食べた味はいうまでもなく10点
IMG_0454_20101019235829.jpg

ここの「なめろう」じゃなくて「たたき」食べると、
他のなめろうがモノ足りなくなっちゃいますわ。

さて、
夜は夜で、
昼間に友人のSが、週末に焼肉「鶯谷園」に行くと自慢してきたので、
ボクの近所の名店「剣山閣」へGO。
知る人ぞ知る(ってか一部では有名だけど)焼肉の名店なり。
ドームが近いこともあり、巨人を始め野球やら角界やらアナウンサーやら
のサインでいっぱいです。

IMG_0461_20101020001507.jpg
絶品の塩ダレ上タン(激うまい!)とカルビ(うまい!)をビールとライスで
いただき、大満足な一日でしたー!


しかし、
風邪気味・・・

さてさて、本題本題。。
明けて10/18(月)
この日は、身体のだるさもあいまって
数週間ぶりに22時前に退社。
久々に電車で帰れそうです。

しかしながら、
今日は銀座に新店がオープンする日。
閉店時間も分からぬまま向かってみると・・・
IMG_0479_20101020001815.jpg

やってました!
朧月(おぼろづき)

銀座6丁目のはしごの並びです(当方はいつも銀座8丁目店のはしご)。
IMG_0478_20101020001806.jpg

花も飾られています。
IMG_0477_20101020001657.jpg

さっそく入って食券をば。

IMG_0464_20101020002000.jpg

特製つけ麺 並(240g)950円
を購入。

見るとカウンターになんとか5,6名がやっとの店内。
これから混むかもしれないし、初日に来たのはラッキーかも。

店員さん(店長さん?)はしぶい青年。
暖簾をくぐって「いらっしゃいませー」と元気に言うことはありませんでしたが、
席に着き食券を渡すと非常に丁寧に接してくれました。
昼から一人で切り盛りでしょうか?

さてさて、
隣りのおじさん達のほろ酔い話を聞きながら
待つこと10分程度。

きましたー!
IMG_0468.jpg

ビジュアルはよくある魚介系つけ麺。
匂いも魚介系つけ麺。
見た目は・・・
魚介系つけ麺ですが、
なんか黒いマー油的なものが浮かんでますね。
IMG_0469.jpg

混ぜてみると、黒い液が細かくなって散らばりました。
スープを飲んでみると・・・
はて?
魚介の鰹ぶしを絞ったものの液でしょうか?
(魚粉の液?)
風邪気味でよく分かりませんでしたが、
魚粉のような味しか分かりませんでした。
なんでしょう??
池袋生粋の焼きサンマラーメンのタレ的なものでしょうか?
(誰か分かったら教えてね!)

さてさて、
スープに麺をひたして・・・
おっと、スーツのパンツのひざにハンカチーフを載せて・・・


ZUVOVAVAVAVAVAVVA~


うん!おいしいよ

スープとよく絡まって味わい深いです。
麺はカネジン食品のもののようです。
太ストレート麺。

で、この特製つけ麺ですが、
具だくさん。
チャーシューがなんと5枚くらい載ってました。
柔らかくてうまいけど、
IMG_0471_20101020115154.jpg

こんなのが5枚くらい・・・
さすがのボクも食うのが辛かった・・・

味玉は単体でも濃厚でゆで加減も十分。
IMG_0474.jpg

スープに浸すと・・・
ちょっと濃すぎかな?
健康診断前にはちょっと危険かもっ!

ってことで完食し。
スープ割りを。
IMG_0476_20101020114959.jpg


おいしい葉っぱ(名前ど忘れ!三つ葉?)も入れてくれて
やさしい味になりました。

おいしい!
おいしい。
おいしいけど・・・

さすがに数週間つけ麺博に呪われていたんで
ちょっと飽きちゃったかも。。

ってことで、
7.5点

次回は隣りのオヤジさんが食べていた
(酔っぱらって2軒目みたいで残していた)
普通の中華そばを食べよう!

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


銀座 朧月(おぼろづき)@銀座
中央区銀座6-3-511:30~22:00頃と予想
電話番号 不明

レポーター: マァフィ

| 東京都中央区 | 12:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麺処ほん田@大つけ麺博(浜松町)

UP遅れましたm(_ _)m
第2陣のお話し。
つまり9月末の先週末の分です。
早くUPしないともう第3陣も終了しちゃうっ(汗)

いやー
ヘビーな日々が続きます。
平日平均睡眠時間2、3時間。
今夜は眠れるかな?って毎日。
いつまで、もつかな?おいら・・・
夏休みも返上だし。
そろそろ南国トリップか、
1年くらい放浪の旅でもしたいワっ!

ってことで、疲れを吹っ飛ばすかのように
朝から、眠る眠る眠る9/25の土曜日
そして起きる土曜昼過ぎ。

ここから月曜朝までをいかに充実させるか・・・

それが今のボクの唯一の命綱

てことで、
土曜日は洗濯・掃除・ゴミ捨て・クリーニング出し
遅い昼食はレトルトカレーランチ&氷結など
独身貴族の毎週末行事をぱぱっと済ませ、
気になるモデルルーム・本屋などをチラ見しつつ、
夜から友人らとお酒を飲みにGOー!!

そして、そのまま終電で千葉の友人宅入りし、
徹夜で目指すは、外房の海っ!

日曜早朝

日が出てくる頃に着いたのは・・・
館山、平砂浦
千葉の南国パラダイスです。
白い砂浜に、穏やかなファンウェーブ。

いつもはそんなさわやかな景観ですが、、、

いやいや
実はこの日は台風一過。
例の台風12号マラカスが過ぎていった直後です。
海がものすごいことになっています。
大暴れ。
セットハード
サイズ・パワーともにハンパない・・・
SANY0083_20101005010404.jpg

<一部写真は友人のいがちゃんのブログから拝借!>

前日は、台風直撃で海に入るどころではない状態でしたが、
1日経ってもその威力はなかなか衰えません。
友人の一人は、ハードコンディションゆえ入水を回避するほど。
千葉近郊から集まる多くのサーファー達も海について
しばらくは様子見です。
画像 042

さてさて、小道を抜けて
平砂浦道
実際に入水してみると、
アドレナリン出まくり!
一週間前に、久々に乗って折ってしまった長い板に続いて
板追悼
(前の週に太平洋に散った相棒)

今週も愛用板を壊してしまうのか?
そんな不安も頭をよぎっていましたが、
久々にしびれました!

いやー
いい波だった。
充実した数時間を過ごせました。
SANY0105画像

上がった後には、
おなじみ内房保田漁港にある有名店「ばんや」にて
ばんや

「うまづらハギ刺し」やら「海の幸天ぷら」やらをいただき
画像 053
腹10分目で帰路に。
アー満腹!

そして、2時間後。


足を踏み入れたのはここ、
浜松町大つけ麺博
画像 071

内房「ばんや」の海の幸ランチでかなり満腹でしたが、
何かがボクを突き動かしました。

週末でしたが、
川越シェフ×頑者を除き

意外に空いていたので、
「麺処 ほん田」をチョイス!
画像 058

ほん田の、若きラーメン王子が自信ありげに
こちらを見つめてきます。
画像 061

今回の麺は、松戸の「とみ田」=心の味食品の麺を
使用とのこと。
期待しちゃいます。

トッピングは、+300円の全部のせ。

つけ麺(800円)+全部のせ(300円)=1100円

いやー贅沢ですね。

ブランデーで漬けて香り付けしたという「大人の味玉」
コリコリ感がスープに合いそうな「鶏団子」
そして「特製辛ねぎ」です。

並んで5~10分程度ですっかり見慣れてきた器
にありつけました。

画像 063

いや、ほんとすっかり見慣れてきた、こちらの器。
ビジュアルもきれいに感じるようになってきました。

さてさて、いただきますか、と。

画像 068

とみ田の麺は小麦の香りのする太めのストレート麺。
カメラの関係で少し白っぽく見えますが、
もう少し茶色がかっています。

では、つけ汁に浸していただきますよ、と。
画像 066

ZUVOVAVAVAVAVAVAVAVAVAVA~

うんっ!王道の豚骨魚介つけ麺ですが、
臭みもなく、濃厚過ぎず、あっさりとも感じバランスのよさを感じます。
柚子の風味をふわっと。

美味いよっ

トッピングの辛葱はスパイシー感を出しますが、
シャリシャリ感が気になって麺の味を感じられないこともあり、
ボクは特にいらなかったかなー

チャーシューは柔らかく、つけ汁にもよく合います。
画像 064

スープに入っていた
鶏団子は・・・
画像 065
至って普通の鶏団子。
確かにスープに合う気もしますが、
特に入っていなくともOKなものですね。

さて、「大人の味玉」はブランデーに漬けて香りづけしたもの。
これもこちらの名物のようですね。

割ってみると・・・
画像 067

わぉ!うまそー!!

スープに浸して、モグモグ・・・

うわー
うめー
茹で具合、味、
いうことナシですっ!

ご馳走様でした~
画像 069

なんだかんだで
十分おいしかった。

7.0点

おっと、
ちょうど、今年も歳を重ねちまった・・・



★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

大つけ麺博 @浜松町
【食べ比べ祭】
会期:9/16(木)~10/6(水)
場所:浜松町駅前広場
時間:午前11時~午後10時(9時L.O)
入場無料
各店共通料金:1杯800円 女子盛・1杯700円(女性限定)

【実店舗は↓】
麺処 ほん田
東京都北区東十条1-22-6
電話番号 03-3912-3965
営業時間 11:30~15:00、18:00-売り切れ次第終了(20:00~21:00目安)
定休日 水曜日

レポーター: マァフィ

| 東京都港区 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宮田麺児&六厘舎×陳建一(第一陣)@大つけ麺博 in 浜松町

大つけ麺博「食べ比べ祭」スタート。

ここ最近全然UPしておらずm(_ _)m
アップしたいネタが溜まっていますが、
本日は、一瞬時間が出来たのでUP!!!

行ってきました!
大つけ麺博in浜松町!
大つけ麺博は4回目。
今回は制覇出来るかな????


あまりにも忙しく最近は昼食もロクに食っていなかったことも
多々だったのですが、
先日の麺部の集まりで(その報告は別途!)
今回はなぜか細マッチョ氏が制覇に乗り気だったということで
(会場がご自宅から近いのが一番の理由でしょうが)
何となくやらなきゃ感はみんなにあったんです。

で、本日大つけ麺博in浜松町の初日

前日からちょっと狙ってました。

本日は朝から外出で、一度社に戻るもランチにありつけなかったので
(あえてありつかなかったことも否めない)
午後の外出帰りに(ちょうど乗り換えで浜松町に降りることもあり)
一緒にいた社内の人間と別れ、一人立ち寄りました!


時間は15時頃
あまり時間もないので、早歩きでJRから会場へ向かいますっ

着いてみると・・・
IMG_0222_20100916214934.jpg


あれ?

全然人がいません。
IMG_0223_20100916215155.jpg

IMG_0226.jpg


残念ながら雨模様ってこともあり、大つけ麺博第4弾(?。何弾?)は
スタートダッシュに失敗というところでしょうか?

人が並んでいるのは
六厘舎×陳健一 のお店のみ。
このお店だって、例年の日比谷、六本木ヒルズと比べると短い列です。
IMG_0228_20100916215359.jpg


時間もないので、食券を早速購入!

今回は、こんなすごい食券も・・・
IMG_0225_20100916215236.jpg

800円は気にしないけど・・・
(いや、高いけどね)
この値段見るとちょっとテンション下がりますね。
ラーメンに2万円・・・

さて、急いでいるので、
さっそく、六厘舎以外の列の無い中から店をピック。

選んだお店は、お笑い芸人シャンプーハットてつじのお店
「宮田麺児」
IMG_0229.jpg

東京初上陸ですね。
テレビではよく見ます。

タオルも売ってました。
IMG_0230.jpg


煮たまご100円を入れてもらい早速席に着きます。
IMG_0231_20100916215804.jpg

見た目は王道。
もやしと、ちょっと変わったシナチクが載っています。

麺にはなんか練り込んであります。
麦芽かな?
ストレートな中太麺です。
IMG_0232_20100916215816.jpg

さてさて、麺をスープにくぐらせ、、、
IMG_0234.jpg

ZUVOVAVAVAVAVAVAVAVAVA~

おっ!
王道だけど、うまいじゃん!
魚介ととろみはよいバランスです。
麺のコシ、歯ごたえもヨシ!

麺児やりますね

スープの中にはトマトが。
IMG_0235_20100916215840.jpg

さっそく麺とスープとトマトを絡めて
いただくと・・・

う・うまーい!!!

うまいじゃないの~

前回のつけ麺博で、
アイバンラーメンのトッピング、ローストトマトを食べ損ねましたが、
今回はデフォルトで入っているようですね。

トマトっぽすぎず、前に出すぎず
ほどよく甘みと酸味をスープに加えてくれるエッセンス。

意外ですね。

煮たまごもヨシ!
IMG_0236.jpg


いやいや、やりおる麺児!

あっという間においしくスープまでいただきました!
IMG_0237.jpg


こりゃうまい。
期待してなかったこともあり、

8.5点!


===============================================

さて、帰ろうと思いましたが、
会場について、ここまでまだ10分も経っていません

またいつ来られるか分からんし・・・

ということで、、、

もう1軒。

であれば、ここですね。

陳建一 × 六厘舎

タンつけ~陳SPだそうです。。

列に並ぶと意外にすいすい進んで行きます。
待つこと10分くらいでしょうか?
IMG_0239_20100916221532.jpg


それにしても他のお店が
チト可哀想です・・・
IMG_0238.jpg


途中雨が降り出して来ました。
うっかり傘を持っていないボクはジャケットを
頭からかぶり順番を待ちます。

六厘舎の壁には
東京駅でも隣にあるトナリのカップラーメンの告知。
IMG_0241_20100916221600.jpg


さてさて、ようやく順番がきました!

つけ博盛り 300円
を迷ったあげくトッピング。
(合計1100円、高いよね・・・)
IMG_0240_20100916221546.jpg

何も予習せずに行きましたが、
タンメンのようですね。

雨を逃れるように
席に着きます。

雨用ということで、サランラップを巻いてくれました。
IMG_0243_20100916221619.jpg

サランラップを取ると、
こんな感じ。
IMG_0244.jpg

さすがのビジュアルです。

期待できますね~

トッピングのお肉は冷やししゃぶしゃぶ風。
IMG_0245_20100916222404.jpg

あとはニラとキャベツでしょうか。

さて、スープに麺を入れようと思いますが、
トッピングが多く、麺を取れません・・

ひとまずトッピングからスープに浸し食します。
うーん、まあまあ。

とりあえず、コシの強い中太麺(麺児よりも太め)
を無理矢理スープに入れ
IMG_0249_20100916222425.jpg

ZUVOVAVAVAVAVAVAVAVAV~

う~ん。

タンメン。

うまいけど。

スープの上に食べるラー油的なものも乗っていてほんのり
味はしますが、夢のコラボ!と期待したほどの味ではありません

タンメンですからね~

タンメンでもトナリはうまいけど。。

何か、至って普通ですね。
弁当箱にしては、バランスよく綺麗にまとまっていますが。。

最後まで、驚きもなく・・・

ちょっとずつ腹もふくれてきて、
おいしいですが、美味しすぎるわけではなく。。

生姜はちょっと付けましたが、
IMG_0246_20100916222415.jpg

うーん、特に。。

塩出汁の煮卵は
IMG_0250_20100916222437.jpg
IMG_0252_20100916222448.jpg

美味しかったです!


とはいえ、期待を超えず・・・
残念ながら
6.5点

ごちそう様でした。
IMG_0253_20100916222500.jpg


期待度が高かった分、
トッピングはゴージャス風でしたが、
味は結構普通だったので。

むしろ、六厘舎!
むしろ、陳さんの赤坂四川飯店の担々麺!
を食したい!!


コラボはなかなか難しい!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


そうそう、日清のブース。
アタリ出まくってましたよ~♪


大つけ麺博 @浜松町
【食べ比べ祭】
会期:9/16(木)~10/6(水)
場所:浜松町駅前広場
時間:午前11時~午後10時(9時L.O)
入場無料
各店共通料金:1杯800円 女子盛・1杯700円(女性限定)

【実店舗は↓】
六厘舎@東京駅
住所:東京駅八重洲南口地下1階(東京駅一番街 地下1階南通り)
営業時間:11:00~22:30(LO 22:00)
※各店舗によって営業時間が異なる。
 朝つけ麺もやってるはず。
※大崎本店は2010年8月29日閉店


宮田麺児@大阪
住所:大阪市中央区東心斎橋1丁目13-5
TEL:06-6243-1024
営業時間:10:00~23:00
定休日:年中無休

レポーター: マァフィ

| 大つけ麺博2010秋 | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蜂屋 神楽坂店@神楽坂(飯田橋)

8/8(日)フジテレビの日。
img_header_logo.gif


昔、実家近くにフジテレビがあり、夏休みのこの日、朝のオープニングの花火音を聞いた時からいつもお祭り気分で心ウキウキ
友人や家族とフジテレビ本社に足を運んで、出店や出し物を楽しんでいた幼少時代が思い出されます

そんな若かりし日から気付けばちょうど20数年経ちました
ああ懐かしき日々


そんな8/8の前日土曜日は昼から
友人のライブ鑑賞、有楽町駅上でダーツ、六本木のビアガーデンなんぞを経て終電まで飲み、
DVC00969.jpg
DVC00991.jpg
DVC00999.jpg

そのまま手ぶらで(正確には、3ヶ月前からハマって大人買いしたワンピースの最新59巻だけを持って)
千葉の友人Sの地元八千代台へ電車でGO!
乗換で寝過ごしうっかり終電を逃し、タクシー経由で八千代台についたのはAM2時前
30分仮眠をとり、AM3時に友人Iちゃんにピックアップしてもらい4人で茨城の海へ出発しました。
波のコンディションはいまいち、されど朝日が差し込んだ素敵な風景です。
DVC00001_20100810143114.jpg
DVC01000.jpg

海水は相変わらず激冷!激寒!
足を海水に入れてしばらく、足がしびれています。
この日はノリで手ぶらで海に向かい、道具一式を友人Sに借りたため(サンキュ!)
ヤツの冬用のウェットを着たのですが、正直ちょうどよかった。
おかしいね!この水温!

これまでの夏に無い冷たさ、先週の千葉北を更に上回る冷たさです。
南風の影響と言われていますが、いわゆるラニーニャ現象でしょうか。
海に来るたびに地球環境の変化を強く感じます

持病となりつつある腰の痛みと闘いながら2時間強。
混んできたところで海を上がり
着換えながら海を眺めます。

DVC00002_20100810143122.jpg

夏には海水浴場になるこのポイント茨城県京知釜海岸には、
サーファーはあふれていますが、
海水の冷たさからか?海水浴客はまだまばらでした
(といっても、海から上がった時間も朝9時前だからかな?)。

海を眺めていると、ワンボックスカーが一台、
果敢にも(間違えて)駐車道を逸れて砂浜に突き進んで行くではないですか!!
DVC00004_20100810143140.jpg

でもって、10mくらい進んですぐに停車。。
DVC00003_20100810143132.jpg

男女若者3人がかりでアクセルとともに、一生懸命押していましたが動くはずもなく。
結局、予想通り前輪を砂に取られてThe ENDです。

そんな若者男女3人組、かなり凹んで途方にくれると思いきや、、、車をそのままに
さっそく水着に着替えて浮き輪を持ち、笑顔で海に向かって行くじゃないですか~
なんと前向きっ!!

といっても、海水に足をつけた瞬間にあまりの冷たさで、
すぐにビーチに戻って来てましたけどね(笑)
結局少しするとJAFが来て救出作戦準備開始。

前向きな彼らにとっては、貴重な夏の思い出になるでしょうね!(JAF代が高そですが。。)
ボクもこの前向きさは見習わなければ。と思った夏の日ぃ~♪


さてさて、そんなこんなで海に別れを告げ
茨城~東関東道を帰路につきます。
気付けばちょうど9時半
急いでナビをTVに切り替えます。
30過ぎたおっさん4名、真剣にワンピース鑑賞しながら(運転手は音を聞きながら)、
真剣に
「誰が一番強いと思う?」
「仏のセンゴクだろ~」「ドン・フラミンゴじゃね?!」「赤犬はやばい!」

と大盛り上がり!

ふと、気付く。

8/8のフジテレビ祭りを毎年楽しみにしていたあの頃と変わらないウキウキ感
あの頃と何にも変わってねー!オレ!
この会話、たぶん町の小学生と変わらねー!


あの若かりし頃のフジテレビの日からちょうど20数年経ちました
僕らはいつまでも少年のココロを忘れません!


===============================

さて(だいぶ前段が長くなりましたが)、無事Iちゃんに八千代まで送ってもらい
電車で眠りながら飯田橋着
ちょうどお昼時だったので、向かったお店はこちら、

蜂屋@神楽坂(飯田橋)
DVC00018.jpg
DVC00017.jpg

飯田橋駅B3出口(神楽坂入り口)を出て目の前にあるお店。
DVC00019_20100810144007.jpg

昭和22年に寒い寒い北海道旭川に誕生したお店の東京支店です。
ラ博で食した以来です。

階段を上り暖簾をくぐり、さっそく食券機で
DVC00005_20100810143148.jpg

しょうゆ(味玉入り)850円
を購入。

20名くらい座れる横長のカウンター奥に座ります。
お店には5名程度のお客さん。
日曜日ということもあり空いていました。

席に着くと、
お食事券をもらいました。
DVC00006_20100810144319.jpg
次回250円の金券として使用できるそうです。

復刻ラーメン古(いにしえ)の話やトッピングメニューなどを見ながら
DVC00007_20100810144412.jpg
DVC00008_20100810144419.jpg

待つこと5~10分程度。
来ました~

DVC00009_20100810144427.jpg

うわぉ!
なんか懐かしい感じ!(覚えてないけど)
うまそやな~

お箸は店名印字入りです。
DVC00010_20100810144434.jpg

割り箸ほどではありませんが、つるつるしにくい木製箸です。

ではさっそく
いただきますか、と。

スープをいただきます。
DVC00011_20100810144441.jpg


寒い北海道代表ということもあり
熱が冷めぬようにラードがたっぷり

ひとくち。
ふわぁ~と焦がし醤油の風味がいっぱいに口のなかに拡がります
あ~
この味、懐かしい~

ラ博でいただいたのもたぶん10年ほど前ですが、
あの頃の味が一瞬で甦りました
ちょうど20年前の「フジテレビの日」の気持ちを思い出すように

このちょっぴり苦い焦がし風味の味は忘れませんね。
ラードとともにアツアツのスープの味が舌にいつまでも残ります。

続きまして
普通の太さの縮れ麺、いわゆる王道の麺をいただきます。
DVC00012.jpg

ZUVOVAVAVAVAVAVAVAVAVA~

うん!
なにか新しさは感じませんが、
麺のちぢれにスープの味を適度に引き上げ
口まで運ばれます。
おいしいですねー

チャーシューは
昔ながらの中華そば屋のチャーシュー
たっぷり3枚も載っています。
DVC00013.jpg

ちょっと硬めで個人的な好みとは違いますが
これまた懐かしい感じ。

味玉は・・・
DVC00014.jpg

半熟で、そのままでもスープにひたしても
おいしくいただけました。
DVC00015.jpg

そのまま完食!
DVC00016.jpg

少し濃いめの味付けなので(海上がりでもそう感じたので普段は結構濃いのかも)
スープは残しましたが、
おいしくいただけました!

7.5点

近所ですし、またお邪魔したいお店です。

その後帰って爆睡

気付けば日曜日も終わろうとしていましたよ、と。

★あなたもあの頃の気持ちを思い出しましょう!
 他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
 クリックお願いします。
 横綱もはしゃいでます♪
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村



蜂屋 神楽坂店
東京都新宿区神楽坂1丁目10
03-3268-3007
JR・地下鉄「飯田橋駅」B3出口正面
営業時間
平日11:00~23:00(L.O.22:30)
土日11:00~20:30(L.O.20:00)
定休日 無休(年末年始を除く)

レポーター: マァフィ

| 東京都新宿区 | 14:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛骨ラーメン 香味徳@銀座(新店)

7/28
この日のお昼は銀座ランチの常連店
小綺麗な中華料理屋さん「麒麟」
胡麻風味の辛め棒々鶏涼麺(1100円)
を食べました。
J0010004.jpg
トマトの入った麺でリコピンが豊富ということ。
辛めということですが、どちらかというとタレがちょっとしょっぱい味付けで、
たぶんしっかり付いているだろう麺のトマト味はあまり感じられなかったのですが、
二日酔いの身体でもまぁまぁおいしくいただくことが出来ました。
6.5点


そして、夜
仕事を終えた21~22時頃
先週末7/23に銀座に出来た新店キバヤs氏とともにGO!!
先週から今週に掛けて、出張やら雨やらでタイミングを逃していましたが、
念願かなってようやく行くことができました~

やってきたのはこちらのお店。銀座一丁目駅近くの
牛骨ラーメン 香味徳(かみとく) 銀座店
DVC00927.jpg
DVC00928.jpg

鳥取で創業60年の牛骨ラーメンの老舗

東京人にとって牛骨ラーメンといえば昔から「がんこ」のイメージが強いですが、
鳥取グルメとして牛骨は古い歴史を持っているのですね~

さて、こちらのお店
開店1ヶ月間(~8/23)は500円のワンコインラーメン
いただくことが出来ます。
DVC00932.jpg
DVC00929.jpg
っ男前ですね~

さっそく店内に入りメニューを検討。
DVC00930.jpg

ちょっと遅めの時間だったので店内は空いていました。

キバヤs氏が香味徳ラーメン(500円)を購入したので、
そちらはつまませてもらうことにして、
ボクは別のメニュー
つけめん850円
を購入。

ラーメンが500円というだけでも充分サービスですが、
チケットを見せると更にトッピング1品選べるとのこと。
DVC00945.jpg

香味徳・つけ麺ともに玉子半分がデフォルトで付いていますが、
二人とも玉子を追加しました。
オトクですね~

ひとまずビールで乾杯~♪
DVC00934_20100802143154.jpg

なんぞをしながら
壁に貼られた朝日新聞の地域面記事を読みます。
DVC00931.jpg


待つこと10分くらいでしょうか。

来ました~
つけ麺!

DVC00935.jpg

ビジュアルは結構普通です。

麺はいわゆる中太麺。
DVC00937.jpg
スープは多少濁っていますが、
いわゆる最近のつけ麺スープほどドロドロしていません。
DVC00936.jpg


さてさっそくいただきます。

スープを浸して
DVC00938.jpg
ZUVOVAVAVAAAVAVAVAVAVAVAA~

ふむふむ。
魚介が結構強いいわゆるよくあるつけ麺の味ですね。
牛骨ということで、結構違う味わいも期待しましたが、
比較的さっぱりではありますが、魚介が入ると
どうしても似てきてしまうのはしようがないですかね。

チャーシューはちょっと脂身が多い部分もありますが、
どれも柔らかくジューシーで味もしっかりして
おいしいですね~♪
スープともよく合います。
DVC00940.jpg

玉子は・・・
味玉かと思いましたが、
残念ながら普通の玉子でした。
DVC00939.jpg
DVC00943.jpg

でもスープに浸せばこれはこれでおいしい。

卓上に置いてあった
ラーメンの素が気になったので、
DVC00944.jpg
レンゲにひとくち。
スープは充分味が付いているので、
ペロっとそのまま舐めると・・・
しょっぱーっ!!

そりゃそうか。
スープの素ですもんね。
失礼しました。


さてさて、
麺を食べ進めていくうちに
おいしいはおいしいのですが、
何か違和感を感じ出しました

麺の長さが短いものもあれば長いものもあったりと
統一されていません。
パラパラ切れてしまっている印象です。

なんだろう?

そして、次の瞬間
何かヤワカタい食感が歯に・・・

!!

よく見ると
DVC00941.jpg

麺がくっついてしまっています・・・

よく見てみるとここにも・・・
DVC00942.jpg

いくつかありました。

こうなってしまうのは単純な理由ですよね。

茹でながらきちんと麺をほぐし、鍋を泳がせていないということでしょう。

これは残念・・・
味がおいしいかどうか以前の
オペレーションというか、
普通の調理の問題です。

結構おいしかったのですが、
非常に残念です。



とかなんとか言いながらも、
麺の堅い部分を除き完食。
DVC00946.jpg


スープ割りをお願いしました。

少し待って
出てきたのは、白い牛骨スープ的なスープ。
DVC00948.jpg

おいしそうです。

これを混ぜていただくのでしょうか?
(説明が何も無かったので。。。)
DVC00947.jpg

ひとまず
スープ割りを直接ひとくち
・・・
DVC00949.jpg


アツっ!!!!

ラードが表面を覆っていて
激熱でした!

一瞬で舌をやけど・・・

出す時に
注意して欲しいものです。
(混ぜて下さいなどの説明とともに)

というか、
これは注意しなきゃ絶対にいけないと思います。


冷めてきたところで、
スープと混ぜていただきましたが、
DVC00950.jpg

ほんのりゆずが利いて、いい感じのスープ割です。
・・・のはずですが、舌がやけどしていて痛い

結局スープは残しました。
DVC00951.jpg

ごちそう様


今回は正直
5点

味よりも・・・
何よりも・・・

鳥取の名店の名に恥じぬよう、ここ銀座においても
丁寧な調理・接客で今後がんばっていただきたいです。
次回行くのを楽しみにしています


さて、長くなりましたが、、
途中キバヤs氏から香味徳ラーメンをひと口もらいました。
牛骨ですが、がんこ系の濃い目の味付けと違い、
テールスープのような味わいにほんのり醤油が利いている感じ
しかし味はしっかりと感じられます。胡椒も濃いめです。
個人的には、胡椒は後から好みでいれたいかな~
コショウ好きのキバヤs氏は満足げでしたがね。

ということで、キバヤsさんレポよろしく~

ちなみに、キバヤsさんのカメラシャッター音でかすぎ!
一緒にいるこちらがちときまずい 笑


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村







・・・・というわけで、キバヤsです。
無駄にシャッター音のデカイ、キバヤsです。
マァフィ、大丈夫。
毎回オレがビビってるから。


というわけで、
仕事で傷心マァフィとともにこちらへ。

意表をついてマァフィがつけ麺をポチしたので、
おいらはスタンダードでということで、

香味徳ラーメン(700円⇒500円)
(たまごトッピング無料サービス)
ラーメン

です。

どんぶり
小ぶりな丼ですが、
横から見るとこんな感じで深い器です。
スープ表面に張っている脂と相まって、
表面積の小さい作りはいつまでもスープを熱々に、
という配慮でしょうか。



スープ

スープは牛骨の出汁が出きったような、半透明な色。
表面には結構脂の膜が張っております。
また粗引きの胡椒がパラパラと。うん、いい匂いです♪
ZUZUZU・・・・と一口。
おー結構うんまいぜ、これ!
粘度の低い、クリアで雑味のない塩ベースのスープ
時間を掛けて作った牛テールスープみたいですね。
しゃぶしゃぶ屋さんで最後自分調整していただくスープのような。
これは不味いわけはなし
また実に胡椒が効いていて、パシっとスパイシーさが締めております。
昔酔っ払ったマァフィが、何も言わず中華蕎麦に胡椒を入れまくるおいらにプチ切れしたことを思い出しましたが、笑、
胡椒好きなおいらにはこのスパイシーさは

具材は、たまご半分に刻み葱、チャーシュー、メンマに水菜。
メンマチャーシュー

メンマは、食感よし。この食材、味付けとしては醤油ベースにならざる負えないんでしょが、
牛テールスープとの相性はどうなんでしょう?いや、普通に美味しいっすよ。
チャーシューはトロトロタイプの味付けはあっさり仕様
チャーシューは大きく分けて、歯ごたえ重視のタイプ柔らかさを売りにするタイプがありますが、
後者の場合、とにかく『柔らかいことが善』になりがち。
おいらの好みは『柔らかタイプ』なんですが、にしてもその追求には『適当』な加減はある。
これはちょっと柔らかすぎるかなぁ。。 好みの問題ですが。
たまご1たまご2

左がデフォルトのたまご半分。半熟ではなく、ゆでたまごですね。
右が無料トッピングのたまご1個。こちらは半熟ですが、味玉ではありません。残念!

麺
麺は、中細麺のややウェービーなタイプ。
麺硬でのオーダーでしたの、プツプツといい食感です。
その微妙なちぢれ加減が、スープの脂をうまく持ち上げてくれます。

と、
昼にご飯を食べ損なっていたので、サイドメニュウの、
チャーシューご飯(300円)
チャーシューご飯ご飯2


麺ラーと同じチャーシューに、刻み葱・海苔など。
ん~・・・・もともとあっさり仕様のチャーシューですので、白いご飯とのマッチングは今ひとつかしら・・?



というわけで舌を火傷するマァフィを尻目にZUBOVAと完食、ごちそうさまでした。。

・・・・7.0点!

全然悪くない。
つけ麺のポテンシャルは分かりませんが、
こちらのスタンダードな麺ラーは大変美味しく頂きました。。



★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
 キミもむしゃくしゃしたら麺ラーちぇっく!
 ↓ クリックお願いします ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


たぶんマァフィは仕事不調で、若干やさぐれてたんじゃないかな。
ワンコインですし、みなさん是非お試しあれ。。

香味徳 銀座店
住所:東京都中央区銀座1-13-6 ヤマトビル1F
TEL:03-3561-5190
営業時間:11:00~23:00(LO22:30)
定休日:?(調整中だそうです)

レポーター: マァフィ キバヤs

| 東京都中央区 | 15:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT