麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麺武虎龍@新宿

麺部のエース和尚が3月15日をもって退社(涙、涙)

しかしながら和尚地元の優良企業への栄転です
おめでとー♪♪


ということで・・・
少し前になりますが、
麺部送別会を開催ー!!

この日は、
これまで麺部の部会では一度も訪れていない大都会新宿へGO!
ボクを除くメンバーは20時目処に新宿三丁目の居酒屋に集合~

ボクはちょうどバタバタシーズンだったこともあり
何とか22時に会社を出て新宿へ桃色吐息でダッシュです!

着くと、
送別会と言っても、至って普通にいつもと変わらぬ感じで
一番後輩の和尚がみんなの焼酎セットを作りながら、
横綱中心にほろ酔いタイムが流れておりました。

ボクがビアジョッキを一杯いただき、
焼酎ボトルがちょうどなくなったところで、
店を出ます
入り口付近にいた隣街専門のおじ様3人組に
ウインクを送られながらも、目をそらしつつ
せっかくなので歌舞伎町方面へ歩を進めます

そろそろメンラータイムかなと思いながら
向かったのは、部長ごひいきのお店
笑顔で入ったお店は、居酒屋甘太郎。
こちらのお店では
それぞれの部員が食したスープの自慢大会。
部長のご意見をいただきながら、ワイガヤ。
しばらくするといつもの感じに。
横綱モデレーターのもと、
和尚の東京ライフや恋模様を振り返りながら
グダグダ飲みが続きます

(Viva!マンマミーヤ!)


既に終電もなくなり、
そろそろメンラー行きますか
、と向かった先がこちら!

『麺武・虎龍』
DVC00242.jpg

麺部(めんぶ)の送別会ということで、
麺武(めんぶ)を選びました!!


歌舞伎町・新宿区役所の裏に位置するこちらは
眠らない街新宿で、朝4時まで老若男女の腹を満たしていると聞きます。

店を覗くと、運良く
カウンターに6人が並んで座れます
ラッキー♪

純連(すみれ)系列の「咲弥」というお店のFC姉妹店ということで、
皆で期待しながら食券を購入します。

それぞれ自分の好みのラーメンを購入。
ボクは、
味噌つけ麺850円+名物味玉100円

ちなみに、極豚らーめん(なんと!)2000円は食券は売り切れでした。

DVC00243.jpg

ま、あっても買わないけど。


店内に入ると、目の前のつけ麺の神 山岸氏 の「参った」に期待が更に高まります。

DVC00244.jpg


カウンターに並ぶラーメン雑誌を眺めながら、
みんなでうだうだ麺談義をしながら待つこと10分程度。


まずはボクのつけ麺用スープがきました~!

DVC00246.jpg

うひょーうまそ~♪

みそ味ですが魚粉(かつお)、桜海老粉がのっております
結構どろどろ系です。

スープを一口
・・・
うん、うまいうまい!

みそ味と魚介味が見事に融合しています!

和尚にも一口あげると
・・・
「うわっ、豚汁だ、これ」と一言。

えっ!

あ、ああ確かに・・・
味噌スープに魚介ダシをあわせるってのは
豚汁の味ですわな

粘度のある豚汁って感じです。


続いて麺が来ました!

DVC00247_20100318201212.jpg


中太ちぢれ麺です。

さっそくスープを絡め

DVC00248_20100318201239.jpg


ZUVOVAAAAAAAAAAAAAAA~

スープがよく絡んでうま~い!

初めてのみそつけ麺ですが
うまいモンですね~

腹減りすぎってこともあり
むしゃむしゃ行ってしまいました

あっという間に麺を食べ尽くし、
少し残った麺に入れるはスープ割り

DVC00249_20100318201316.jpg


スープ割りはPOTです。
ちと、愛がありませんね。。
熱々じゃないし・・・

スープをいただくと
・・・
おっと、
粘度がなくなり完全な豚汁になっちゃいました(笑)
ま、そりゃ豚汁はうまいから
ぐいっと飲み干し完食!!

DVC00250_20100318201342.jpg


ごちそう様でした~

ということで、
ボクの評価は・・・

8点

いやいや、
うまかったよ。
かなり腹減ってたし。


みんなの反応は、6人6色
>みんな
フォローよろしくね~

お店を出て、帰ろうか?どこに行こうか?などと話ながらプラプラ。
サラリーマン6人が深夜の繁華街を歩いていると、
かな~り、キャッチの皆さんに声掛けられます。

途中、新宿歌舞伎町の『博多天神』がなくなっていることに気付き、
寂しい気分になります。
新宿が地元のボクは、同じ地元の友人と学生時代
毎日のように通い、量を競っていました。
記録は替え玉6玉
2人で、握手をしながら、もうやめるか、とうなずいた日々が
思いだされます。


さてさて、歌舞伎町を歩く僕等
すでに深夜3時をまわり、麺部の中にも眠気がただよっています。
タクシーで帰る選択肢はありつつも、もったいないという気持ちと
和尚の送別会ということで、なかなか帰ろうとしません
ボクもここで、翌朝の海をあきらめ、じっくり飲むことに決めました。

満腹で、今更お姉ちゃんのお店に行ってもしょーがないので、
結局向かった先は・・・

「笑笑」。。。

入るやいなや、乾杯だけをして、
爆睡する部長

結局、過去の武勇伝や失敗談という、
みんな何度~も聞いてる話でちょっとだけ盛り上がり、
始発が動き出したので、終焉~~~。

お疲れさんでしたー!!
(その後、ボクがゴールデン街3軒はしごしたことは
 あまり知られていない・・・)

ということで、
和尚送別会篇終了!



終業後の無二の麺友がいなくなるのは残念だが、
九州に戻っても和尚は麺部エースじゃっ

西の横綱として、
自宅(寮)麺も含め今後も頻繁な更新を期待しとるぜぃ!!

早めに落ち着いてもらって
麺部九州ツアーを企画してけれ。
See YA!


byマァフィ


p.s.中州ですれ違った知らない人とか若い同僚に舐められても
  怒っちゃだめだよっ

〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆
細マッチョ記事分


週末の夜!

部会の召集令状が届いています。

麺部のITboyとして中途入部して以降、「麺部通信」の創設、
記事や写真の公開基準作成、部員最多レポート掲載などなど、
多岐に渡る活躍を続ける和尚が、活動拠点を遥か西に移すことになりました。

「俺たちを見捨てるのか?」という言葉を
何度も飲み込みつつ、細マツは今日も部活地区の新宿に一番乗りです。

8時過ぎに、新宿三丁目付近の居酒屋にて、「和尚祭り」について作戦会議が始まりました。

王様になった和尚の興奮は凄まじく、下々と化した部員に次々と要求を出してきます。
遅れていたマーフィーが到着した頃には和尚の王様陳情も粗方進み、
今宵は大いに麺活で盛り上がる方向となりました。

歌舞伎町方面に活動候補のお店があるということで、
部員6人で連れ立って向かいます。

道中「ノンスタイル」のナルっぽい方(名前思い出せません)とすれ違いました。
すれ違い様の流し目がナル入ってました。

「吉本の養成所が近かったか」「まったくオーラねえな」など
しゃべくりするうちにまた次のお店に入り、部員は大分出来上がってきます。麺はまだお預けです。

日頃溜まったストレスなどを発散しながら、和尚との時間を楽しみます。
この時点で、終電終了~。スッキリと諦めて朝までコース。

西の王を目指す和尚に、麺部九州合宿プランを提示するなど、
麺部の絆を確かめた頃、小腹も空いてきて準備O.K.!

3時位になったでしょうか。
深夜営業をしている今回のお目当て店をようやく目指します。

「大分酔ったリーマン6人」というカモを目の当たりにした
歌舞伎町の呼び込みがハイエナのように群がりますが、完全スルーして現地到着。

ブラック基調な外観でカフェっぽいですね。
こちらは最近メディアなんかで登場する話題のお店。さてどんなもんか…?

細マツの担当は

辛味噌(850円)

ということで、店外設置の券売機をポチっとして入店。
他の部員も続々購入して麺を待ちます。

店内はさほど広くないですが小綺麗な内装で、
歌舞伎町で遊んだ若者や深夜まで働く女性なんかも利用しやすそうですが、
店に着くまで柄が良くないので土地勘ない人は気軽に来づらいかな。

ビール飲んでまつこと数分、麺ラー登場!

20100306024756.jpg


幾何学的な盛り付けで、好きなビジュアルです。
さっそくスープを一口。

ほうほう。

ゲンコツ・鶏ガラほかと合わせたスープは、予想に反して口当たりはサラっとしています。
純すみ系と聞いていたので表面にラードの幕をイメージしていましたが、
この辛味噌は違うみたい。スープに熱さを閉じ込めた感はありません。

またこの辛さは、すっぱしょっぱ辛いというか、
和風ダシみたいな風味がするタイプです。

麺はどうかなってことでZUVOBABABA!

20100306024851.jpg

お、こりゃなかなか。

中細縮れの麺はかなり黄色がかっていて、縮れのコシも強いです。
昆布くらいに歯ごたえがありますね、嫌いじゃないです。
スープに合うな。

続いて肉は…
20100306024923.jpg

札幌「咲弥」を立ち上げた店主が作る石上極豚のチャーシューは、確かにフワトロでジューシー。
かなりの旨味。
2000円もするチャーシュー麺もあるようですが、肉好きにはたまらんでしょう。
さらに、サイコロ状のチャーシューも入ってます。

20100306024909.jpg

こちらも柔らかく美味しい
サイコロチャーシューって、変に別の味付けをするお店あるけど、こちらは薄切りのチャーシューと一体感があってベターマッチ。
メンマは歯ごたえは良いけど味付けはやや甘かな。

20100306025137.jpg

ごちそうさまでした。

まとまってるなという一杯です。
個人的には麺の旨さが印象に残りました。
「札幌味噌」というところでは辛スープは味噌らしさが物足りない気がします。

部員からは生姜の香りがしてきますが、それは各部員をご参照あれ。

部活で食べた楽しさを加味して7点!

和尚よ、取りあえずご苦労さん。
これからは西の横綱として、益々精進してくれ!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

麺武虎龍
東京都新宿区歌舞伎町1-8-5
03-3202-3996
営業時間 11:00~29:00
 月曜祝日の際は火曜日定休日
 定休日 日曜日

レポーター: 和尚 横綱 細マッチョ マァフィ 部長 キバヤs

| 東京都新宿区 | 20:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬蔭激城麺@神田

寒い~!

ここ数日の冷え込みは厳しく、夜になると冷気は身を貫いてきますわ。
こんなときはラーメンだ!

今宵緊急部会が開催される神田に、誰よりも早く到着。
漫画喫茶にて1時間ほど「アカギ」を読んで福本ワールドに浸った20時頃、
部長より神田到着及び集合の連絡がきました。

ざわざわ、ざわざわ。

逸る気持ちを抑え合流しました。

マァフィと横綱は遅くなりそうだということで、先に活動を決意。

どこにしようかと調べてたら、会議でマァフィが提案していた
藤巻氏系列の新店「冬蔭激城麺」が20時半までやっていることが判明。

ギリギリで間に合わない可能性、言い出しっぺのマァフィに非難される可能性に
ついて討議しましたが、とりあえずお店に向かいながら流れに任すことに。

西口からトコトコ歩き、狭い路地に入ってすぐにお店はありました。
IMG_2124.jpg


品を感じさせる独特の赤い外観、そしてほぼ20時半であることに躊躇するも、お店の方からまだ麺の提供は可能との言質を部長が取ると、即入店。
IMG_2127.jpg


こういう機会を逃すわけにはイカンからね。
マァフィ、横綱、お先に失礼。

いや、寒くてもう他の選択肢はなかったんだよ、マジで。

店内の高級感漂う内装に、客は部員4人だけ。

IMG_2129.jpg


贅沢ですわ。

スタンダードとなる赤、ココナッツが加わった白、黒ゴマを加えた黒とありますが、初訪なら赤がおすすめとのことなので、4人仲良く

冬蔭(トムヤム)激城麺の赤(1500円)

を注文しました。

本店の半額です。

店内はとてもキレイで、カウンターのテーブルやチェアもリッチでお洒落。

IMG_2126.jpg

調理担当の二人はシェフスタイルだし、レストランマネージャーの様な女性もいるし、
これは横綱が好きなお洒落空間です。

カウンター越しに調理の手間を観察できます。

ただ結構待ちました。

15分強といったところ。

さすがに待たされた感が出ます。

静かな店内、せめてビールが欲しい。

そんな中、携帯に情報が入ってきました。

噂では少し遅れて合流出来そうだったマァフィは未だ会社だということ。

横綱が逆に仕事を終え神田に向かっているということ。

部活中の4人に何らかの感情が湧いた頃、麺登場!

IMG_2130.jpg

うむ。

キレイな彩りで演出された盛り付けです。

花(ハイビスカス?)なんかも器に飾られて、女性なら「きぁあキレイ!」などと声を上げそう。


レモンを搾っていただきます!

まずはスープから。

スッキリしたトムヤムスープです。

香辛料が複雑に入ってるようですが、まとまりがあってシンプルな辛さと美味さになってます。
辛過ぎず、といったところ。


これうまい!


続いて麺。
IMG_2132.jpg

やや太め。
コシは適度。

辛さに合わせてなのか、フォーのイメージか、むしろ柔らかく歯切れが良いです。
これまたバッチリ美味いです!

具では目玉焼きがユニーク!
IMG_2131.jpg
専用の焼き機で仕上げた目玉焼きはカリっと仕上がってます。
味玉とは違った。最初は歯ごたえよく辛さを和らげますが、スープに浸る内にマイルド効果が鈍化してきます。
それはそれでありですが、黄身はトロッとしてた方がスープの変化を楽しめるかな。

青菜類はやはりパクチーがメイン。

女性に比べて男はパクチー苦手な人が多いですよね。

細マツも元来好きでなく、ようやく慣れてきたレベル。
隣の和尚もパクチーを気にしてます。

こちらはパクチーの刻み具合が繊細なのか、量の割にパクチーの渋味や苦味を感じません。
スープに程よく後追いしてくる程度で、むしろウマイとさえ感じました。

IMG_2133.jpg

小さなご飯がついてくるのですが、タイ米です。
麺の器に沈む具を入れてお茶漬けみたいにいただくとのこと。
底には大きいソボロみたいなお肉が沈んでいます。

IMG_2134.jpg

直接食べてもおいしいですが、ご飯にも乗せて食べてみます。
山葵がツンと効いてます。

タイ米が食べやすくなってますが、個人的には粉末のスパイスが加わって欲しいかなと思います。

なんにせよ、すごく気品溢れるトータルで満足の一杯でした。
辛好きの細マツとしては、もう少し痺れ系より辛い系のスパイスが強いと尚好みでしたが、サラッとしたスープは秀逸です。

あと250円安ければCPでも衝撃を受けますが、味だけでない店内の演出を含めると、見合った価格かな。

デートにも使いやすいし。

ズバリ、9点!!!

※食べてる途中、横綱が神田に到着したとのメール。
全員に同報されているが、誰も返信せず。
更に食べ終わろうかというタイミングで細マツの携帯に着信が…
さすがにシカトできず、部長に判断を仰ぎます。
部長曰く
「麺は未活動のまま町をさ迷っており、神田に戻るところ」
と応えるべし。実行して実食に戻りました。
食後は余韻を楽しむことなく、横綱の待つ駅西口に急いだのでした。
横綱、寒い中待たせてごめんね!
横綱と合流して飲み屋に入り、程なくマァフィも到着。
和尚が西の横綱を襲名するという衝撃の会見もあり、
麺部のお酒と夜は進みました。

でもお腹は膨れてたのでおつまみには手をつけない4人なのでした(笑)

マァフィ、横綱、黙っててごめんね!

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

冬蔭激城麺
東京都千代田区内神田2-7-2 ラフィネ内神田1F
電話番号  03-5297-7772
営業時間  11:30~14:30/17:30~20:30
定休日  日曜祝日
座席数  カウンター8 予約席4
喫煙  不可
最寄り駅 JR各線・東京メトロ銀座線「神田駅」


レポーター: 和尚 細マッチョ 部長 キバヤs

| 東京都千代田区 | 13:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶏の穴@池袋

先週土曜日の分

この日は所用で池袋へ。
サクっと用事を済ませてお待ちかねのランチタイムへ突入。

東武百貨店の函館塩らーめんは・・・と携帯でピコピコ検索すると、
数日前に終了した模様・・・残念。

それではということで、ほぼノータイムで移動開始。向かった先は 

鶏の穴@池袋

前回訪問 から半年近く経っていることもあり、定点調査敢行です。

外観

 東口へ出て電気街を通り抜けて歩くこと5分。
 しかしこの界隈、、土日の人の多さと喧しさは凄いです。
 
 「○型△テレビがなんと、なんとぉ~!!○△円!!!」

 某電機店お姉さんのハンドマイク絶叫ゾーンを足早に通り抜ける。

 
 次ステージ「コケティッシュなお姉さんがティッシュ配り」ゾーン
で思わずスローダウンするも、何とかクリア。
 
 で、半年ぶりにやってきました。


超昼時ですが並びはゼロ。
この店、いずれはブレイク・・」と予想してましたが、ダイジョウブか?

月替わりの限定メニューにも定評があるようなこちらのお店。
店外に張り出されていた<今月メニュー>に引かれ、

1月限定 シャケなベイビー 790円 味玉 100円をポチ。

店内はほぼ満席で一安心。待つこと10分弱でベイビー登場。

器全

ほほう。もやしやニラの片隅にシャケらしき物体を確認。
上の具を掻き分けてと、麺からZUVOBABABA!

鶏とシャケのまさかの出会い。
そんな奇跡の出会いに味噌が融合するという・・何だか訳わからんちな一杯ですが。

スープは白濁した超濃厚なドロドロ仕立てで、モチプリな中太縮れ麺が絶妙にマッチ。

汁UP 麺UP

このスープ、石狩鍋の味に近いかもしれませんな~。

味玉には万人共通の例のタトゥー、中身は4割半熟程度。

たまごUP 卵中

前回食べた白鶏らーめん以上に濃厚な一杯。

ZUVOBAと食べ進めていくうちに若干の<飽き>を感じたものの、その斬新な発想に拍手です。

臭みを出さないようあえてそうしているかもしれませんが、スープのぬるさが若干減点。

ですが、鶏×シャケのシナジーには驚きました。
さすが、オレが見込んだ天才店主 です。

常に新しい発想で、新作限定メニューを出し続ける当店。
「どこにも無い味を提供したい」 そんな店主の気持ちが表れた一杯でした。

ただ、前回も感じたことですが・・・
ブレイクを確実なもにするには・・・な~にかが、足りねぇ~♪・・・

ダイヤの原石であることは間違いないと思うので、長い目で見守ることにします。

作り慣れた主力メニューではない限定商品ということを鑑みて

7.5点


次回の定点調査が楽しみだ!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


住所
東京都豊島区東池袋1-39-20 慶太ビル1F
営業時間
平日:11:00~15:00/18:00〜23:00
土日祝:11:00~22:00 スープ・材料切れ終了
(平日も22:00頃に終了することが多いので注意)
定休日 水(当分の間)
座席数 カウンター16席
駐車場 なし

レポーター: 部長

| 東京都豊島区 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃天花@三河島

Hey,ヘ~イ. プリ~ズ、プリ~ズ、 麺ラー プリ~ズ!


土曜の早朝、目覚まし代わりの胃袋アピール(ダンダントーン機能付き)に目が覚める。

なぜか無償に坦々麺、な朝。
麺ラーを欲することは多々あれど、坦々麺限定とは是珍し。

安易且つ間違いない答えとして、多賀野をチョイスしかけて思い留まる。
監督・横綱推奨の阿云にも惹かれましたが、天気良し&午前中の競馬で気分良し! 
なので、久しぶりの遠征を決意。

決めたお店は・・ 桃天花@三河島

ここは、かの大つけ麺博で初アタックしたお店です。

イベント期間中に幾つかの店舗を実食しましたが、結果として最高得点であったのがこちら。

仮設厨房、屋外、プラスチックトレーという条件下で見せたあのポテンシャル。
機会があれば是非店舗へ・・・と思い続けて3ヵ月。

今  まさに  時は来たぁ! 


・・・ということで、
とにかくスゲエ坦々麺喰わせちゃる!三河島で待てっ!

有無も言わせぬ殺し文句で強引に監査役を説き伏せ、12時半に家を出発。
駅へ向かう道すがら、「そーいや昨晩も麺ラー喰ったなぁ・・・」と思い出すも
まぁ・・・いいや。小さいことは気にするな、か。。

ワカチコワカチコ♪ 言いながらウキウキ気分で電車へ飛び乗り、
上野で常磐線に乗り換えて5分で三河島へ到着。

三河島

この駅、初めて降りました。始めまして三河島 m(_ _)m

監査役も同じ電車で到着した模様。ウム、感心。

・麺ラー遠征に遅刻は厳禁
・麺ラーに嘘はつくな
・麺ラー好きたる者、紳士たれ
・欲しがりません 勝つまでは
・麺ラー万歳 ジークジオン

麺部五箇条の御誓文がようやく分かってきたようですな。

店舗

 駅から歩くこと5分、ざっくり地図を見ながら適当に左折。

 下町風情漂う路地を直進するとすぐに発見できました

 桃天花@三河島
 
 並びはゼロで拍子抜け。 逆に若干の不安が過ぎるも・・
 
 お店の中を覗くと中にはお客さんが結構入ってるようで一安心。



入口には浅草開化楼ブランドを押し出す表札。 

開化楼塔


店内はいわゆる街中の中華料理店風なテーブル席メインのレイアウト。
13時半過ぎでしたが、地元の家族連れなどで賑わってます。

事前に予習はしていたものの、券売機に千円札を入れてからしばし逡巡。

<坦々麺>を喰いに来たものの、大つけ麺博で食べた<坦々つけ麺>は絶必モノ。
さらには麺ラーサイトでは<胡麻カレーつけ麺>の評価高し。

迷いに迷った挙句・・
オイラは坦々つけ麺を。監査役よ、お主は胡麻カレーつけ麺役を任ずる!

・・・アレ、食券がもう1枚出てら。
ナニナニ・・? 坦々麺 て わはあ! 勝手に押しちゃった!

麺ラー屋においては絶対司令塔であるオイラの指示を待たず、個人プレーに走った模様。
団体競技であることを教育してきたつもりが・・・監督不行き届き。無念。。

気を取り直してオイラは 坦々つけ麺 大盛り 850円 をポチ。
ここは50円で切り落としのチャーシューがあるのですが、残念ながら既に売り切れとのこと。

つけ麺は太麺か平打ち麺をチョイス可能とのことで、太麺をコール。
待つこと7、8分で坦々麺が先に登場

坦々麺

ありがちな赤さではなく茶色っぽいスープですね。

うんまそーすな。 監査役のZUVOBA音をBGMに待つことさらに5分程度。

開化楼の太麺は茹で時間が相当かかるようですが、腹減りMaxなところで待ってましたのソイツ~

器両方

おっほ~♪うんまそー♪ 
ツヤツヤの麺は若干顔色悪く見えますが・・胚芽か何か混ざってるのでしょか? 
胡麻の香りが食欲そそりますな~。

早速、ZUVOBABABA~!

あ~・・・つけ麺博もたしかこんな味だったかな~、と思わせた一口目。
ZUVOBAと食べ進めていくうちに、麺の硬さが気になり始める。

分厚く切られたチャーシュー     &      麺。
チャシュUP 麺UP

開化楼の特製麺はたしかにコシがあってシコシコで旨いのですが、少し硬すぎな気が・・
硬め好きなオイラですが、このポキポキ感にはあまり馴染めません。。

チャーシューは食べ応え充分ですが、オイラの苦手なケモノ臭が若干。
これがたまらん!という人もいそうな賛否両論のチャーシューかと。

スープは極濃厚な胡麻ペーストで屈強な土台を築いてますね。
加水高めのポキポキ太麺に負けない重厚さとこの店のオリジナリティを感じます。
超濃厚な甘さの5秒後に奥深い辛味が追随する絶妙な時間差設計。
グリーンカレーのソレと似てんのかな?

スープの冷めはあまり気にならない方ですが、このポキポキ太麺を何度か泳がせると
あっという間に冷めてしまい、濃厚な胡麻風味がクドく感じられました。

平打ち麺にすれば良かった。


総じて・・

7点


お店の実力というよりは、
辛味度合いや麺のチョイスなど、カスタマイズに失敗した感が否めません。

取締役の坦々麺を一口食べましたが、ドロッドロな濃厚スープに中太麺がマッチ
していて実に美味でした。
てか、つけ麺でもカレーでもなく坦々麺が正解なのかな?

荒川区と知って最初は武者震いしましたが、
上野から結構近い静かで良さげな町、という発見もあり再訪を誓い店を後に。

★Yahoo!!JAPANラーメンブログランキングに参加しています!
Yahoo!!JAPANラーメンブログランキングへ
Yahoo!!JAPANラーメンブログランキング

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


東京都荒川区東日暮里3-37-11
電話番号 03-3802-0440
営業時間 11:00~14:30/18:00~22:00
土日祝11:00~15:00 18:00~22:00 (ラストオーダー21:45)
定休日 水曜日
座席数 カウンター5席 テーブル28席
喫煙 可
最寄り駅 JR常磐線「三河島駅」
駐車場 なし

レポーター: 部長

| 東京都荒川区 | 19:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

康竜@銀座店

先週末の分


キバヤs監督とマァフィを伴い「とりあえずビール」な金曜日。

いつものお店でいつものオバちゃんからいつもの料理、
飲み屋ボキャに乏しい我らのいつものパターンと思いきや、

「お好み焼き」だの「タイ料理」だのと、いつになくこの日は<食>への建設的意見が出てきます。

たまには新規開拓を! と、お店へ電話を入れるもお目当ての店は満席のようで。。

さてど~しましょ・・
日頃、新規店舗の開拓を怠っているツケですね。
困った時の最適解を誰も出せずに、日比谷方向へ進路を変えながらフラフラと彷徨うオジさん3名。

庭とも呼べる界隈を徘徊すること30分、いや4~50分でしょうか。。

なんだかもう・・疲れたね


あまたの飲食店がひしめく銀座でビールにありつくことに苦労するワテらって・・

船頭が多いのもなんですが、、船頭不在はもっと始末が悪いです。
オジさん3人でお店1軒決められないこの優柔不断さは・・・・
モアザンきまぐれオレンジロード春日君 です。


道すがら、屋台風の沖縄料理店を発見し エ~イ!!ままよ!  で入店。

ハァ~♪ 僕たちよくがんばったね。 ヘーイ ナイス!ナイス! 
大仕事を成し遂げた3人、ハイタッチしながら乾杯♪ (会社を出てから正味1時間経過)

ゴーヤチャンプルやミミガーに舌鼓を打ちながら、
他愛もない話でキャッキャ♪キャッキャ♪とオジさんトークに花が咲くこと3時間。

気づけば12時前ということで。あらヤダ、終電まで30分を切ってます。
急いで帰・・・・る前のお約束を。


予定調和の一杯ということで、向かった先はすぐお隣の 康竜@銀座店 

マァフィが既レポしてますが、実はオイラは初訪です。
店内は「飲酒後の一杯」臭のするリーマンが9割。さすがにこの時間は込んでますな。

味もシステムも二アリー一蘭 と勝手にイメージしながら

自分仕立てらーめん 750円(たしか) をポチ。


カウンターへ座り、麺の硬さやらスープやら好みを書いて店員さんへ手渡します。
(何と書いたか全く記憶にあらず・・)

3分足らずでオレ仕立て登場。

100122_2356~0001


ほいでは早速 ZUVOBABABA!


う~む、濃い。

スープはとんこつがベースなのでしょうが、オイラ的にはくどさを感じる濃さですね。
酒の後は濃いくらいがちょうど良いと思ってましたが、
このスープは旨みが出過ぎているというか、塩っ気含めて飲めませんわ。

100122_2357~0001

麺は博多らーめんのソレを勝手に想像してましたが、やまちゃん一風堂
それよりも歯応えがあるというか、少々ゴムっぽい弾力が気になりました。

ほろ酔いだったこともあり、麺の硬さからスープの濃さ、油の量(あったっけ?)まで
自分の仕立てが悪かったのかもしれません。

アルコール後の一杯ということで、追い風参考の高得点になるはずでしたが
まさかの向かい風参考記録。

5点!


次回はちゃんと仕立てなきゃ。

★Yahoo!!JAPANラーメンブログランキングに参加しています!
Yahoo!!JAPANラーメンブログランキングへ
Yahoo!!JAPANラーメンブログランキング

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


康竜 銀座店
東京都千代田区有楽町2-3-6
電話番号 03-3569-0314
営業時間 11:00~翌5:00(土・日・祝:~24:00)

レポーター: 部長 キバヤs マァフィ

| 東京都千代田区 | 16:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。