麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あってりめんこうじ@中軽井沢

さて。

金曜夜、そそくさとお仕事を早めに切り上げて、
向かった先は、、

軽井沢
軽井沢
週末を利用して2泊のプチ現実逃避」

もう何度も軽井沢にはプチ旅行に来ていますが、初の新幹線
すげぇな、新幹線。上野から1時間10分程度だぞ、新幹線
金曜夜に即効着替えて、おつまみビールを買い込み、
車内でプシュッ!っと。快適だな新幹線
どこ行くにも車で・・・という行動原理が染み付いているおいら、
上野在住なのに『新幹線』っていう発想は今まで全く無かった(何故?)・・・反省



っちゅうことで、
車は無いので、現地ではレンタサイクルに跨り、びゅんびゅん快適にお散歩です
1324
51767
9101211
1413158
16201918


軽井沢では何を食べる?
長野と言えば蕎麦イタリアン?あまた存在するシャレオツなcafe飯ですか???
いやいやいやいやいや、non non non non !!
ここは、あーえーてーのー、麺ラーでしょうが!
露骨に『否』の意思表示をする統合参謀本部長を無理やりチャリに乗せ、
投宿する軽井沢から、しなの鉄道の中軽井沢まで、およそ3.5km。
高原の太陽が照りつける中、起伏の激しい道を20分弱、ペダルを漕ぐのだ!!





ふうふう、ひぃひぃ、、
RDBによると、軽井沢界隈で図抜けて評価の高いこちら。
中軽井沢駅のすぐそばに店舗を構えております。

あってりめんこうじ@中軽井沢
店舗
店内に大量の漫画や週刊誌を備え、カウンター席と上がり畳の座敷席3組を備える、
正しく地方都市の食堂を思わせる門構え。

メニュウを見ますと、曜日限定・時間限定で二毛作をしていたり、
限定メニュウを積極的に打ち出したりと、なかなかにアグレッシブな姿勢。
世の麺ラー屋さんはどこもみんながんばってるんですねー。


おいらは店名にもなっている、
あってり麺しお(750円)+ 全部乗せ(300円) を
およそ10分で着丼。
麺ラー
小ぶりの丼に140gの麺。大盛りは無料でサービスです。
また全部のせオプションでの巨大な海苔が目を引きます。

麺はこちら。
麺
中細ストレートか太麺を選択できます。おいらはもちろん中細をコール。
ぷツリという細麺ならでは食感で喉越し良し。固めがデフォ。
自家製麺なのかな?どこかの製麺所さんのものでしょうか、
ちょっと確認は出来ませんでしたが、大変美味しく頂けます。

そしてそして、アイデンティティのスープはこちら。
スープ
意外にオイリーな見た目。
鶏と豚骨の動物系に、にぼし、あじ節サバ節、かつお節等の魚系
無化調Wスープ。しいたけや昆布、野菜などもふんだんに。
「あっさり」「こってり」という相反する味わいと旨みを一杯の丼の中で結実させる、
「あっさり」に見えて実は「こってり」という『あってり』仕様。
・・・・だそうですが、う~ん個人的感想から言うと「こってり」部門は若干どこかに置き去りに。。
節系が前面に立ってるスープですので、それを以って「こってり」だと定義すれば、
そうとも言えると思いますが、「濃厚」かと問われればちょっと違う。
塩を選択したことにも関係してくるのかもですが、オイリーな見た目に反し「あっさり」はしている
ものの、その先に「こってり」が鎮座しているかと言えば・・・う~ん。。
あ!誤解なきようにと思うんですが、
この無化調のWスープ、節系強めでバランスのいいスープです。大変に美味しい
ただ昨今の「こってり」「濃厚さ」加減のスタンダードで言うと・・・非常に優しい仕様なのかな、と。
『あってり』というワードに引っ張られすぎると、、そんな感じです。うん。


具材の皆さんはこちら。
めんま
メンマ。やわらか仕様。おいら好みです。
チャーシュー
チャーシュー
トロトロの大ぶりチャーシューがデフォで、胡椒を適用振ってあります。
「全部のせ」仕様はおそらくコロコロチャーシュー。
こちらは歯ごたえもあり、肉汁もじゅわ!大変においしゅうございます。
ごぼう
そしてゴボウ
こちらはシャキシャキな食感!いい意味でのゴボウの土臭さが美味しい♪
たまご
通称『元気玉』。醤油で漬け込んでひと手間かけている半熟玉子。デフォで半分。
全部乗せで一個分でしょうか。あってりスープにどぼんして美味しくやっつけました。

この他に具材としては、
甘みのあるほうれん草に、薬味の九条ネギ増し。そしてかなり大振りな海苔



東京に暮らしていると中々出会えない地方都市の麺ラー屋さん。
そのアグレッシブな姿勢情熱は凡百の東京のお店以上。
結果たどり着いた『あってりスープ』という頬を撫でる高原の風のような得意技。
・・・・きっちり堪能しました。
今度の機会はおそらく『あってり』がより色濃く打ち出されるであろう醤油を是非に。。



7.75点!








★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
  夏休みの逃避行の前に、現地の麺ラー情報をチェキラ!
     ↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村







・・・・ただ1点。
挑戦的なメニュウ表にあったこちら。
メニュウ
自分へのご褒美に、
『あってりドンペリセット』(18,900円)
・・・・・さすがにこれはねぇって。






あってりめんこうじ@中軽井沢
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉3062-1 キャピタル中軽井沢1F
TEL:0267-45-7922
営業時間:11:30~14:30 / 17:30~20:30
     ロコの部 21:00~23:00
定休日:火曜日

レポーター: キバヤs

スポンサーサイト

| 長野県軽井沢 | 08:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |