麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

太陽のトマト麺@大塚

マァフィは『麺部通信』をやめへんで~!!!

ということで、
1ヶ月ぶりに復帰しました。
驚くことに、ちょうど前回食べた時から
ぴったり!1ヶ月ぶりのラーメンです。
おそらく、ここ10年以上こんなことはありませんでした。

本日は退院後最初の検査で、
驚くほどの治癒力で回復との診断。
主治医からラーメンOKがでました。

そこで向かったのが、病院からほど近い
『太陽のトマト麺 大塚店』
ここに来るのは3度目です。

外観

「よってこや」や「大阪王将」などを手がけるイートアンド
の店舗で、いまや都内で10店舗以上展開しています。

昔は、チェーン展開しているラーメン店に異常なほどの
嫌悪感を抱いておりましたが、
(実際、チェーン展開してしまったラーメン屋のなかには、
 アルバイトなどが作ることで、クオリティの落としている店舗も
 たくさんあるので)
ここは、トマトに特化、健康、ロハス視点での展開という点で
他店とは一線を画しているので、気になりません。

健康的なトマトという食材はもちろん、
何より、肝臓にあまりよくない(といわれる)かん水を極力
減らし、卵白と豆乳をつなぎにしている点が、病み上がり(というか、回復途中)
のボクには魅力的です。

※かん水(鹹水)とは・・・
 食感を良くするために中華麺に添加されているもので、
  腎臓や肝臓に悪いと云われる炭酸ソーダ、炭酸カリウム、
  リン酸カルウム等が含まれています。
 (出展:どっかのサイト)

(でも、、、ラーメン好きが健康を意識したら終わりだね?!・・・)

DVC00005.jpg


さて、
席に座り1ヶ月ぶりにいただいたのは、
「太陽のチーズラーメン 830円」

3,4分ほどで来ました!

DVC00004.jpg

スープをひと口いただくと、
「やはりウマイ!」
ラーメンというと ハテナ? かもしれませんね。
スープは、トマトスープスパゲッティや濃いめのミネストローネといった感じ。
しかし、麺がパスタとは大きく異なり、ラーメンのそのものですね。
なので、どちらかというと、やはりラーメンですね。

まぁ初めて食べる人でも想定通りの味というところでしょう。

麺は細めでどんどん食べられちゃうので、
モチモチ感を感じる前になくなっていましたが、
つるつるとして、ほどよいコシもありました。
麺は豆乳入りなので、勝手に白っぽいイメージをもっていましたが、
色味は一般的なものと変わらず、半透明という感じでした。

あっという間に
麺がなくなり、あとは、スープにとろけたチーズが残ります。
こちらも美味しすぎてあっという間に飲み干しました。

DVC00003.jpg

いわゆるラーメン!とは違うけれど、
久しぶりのラーメンをおいしくいただけました。

ごちそうさまでした♪

8点


昼はランチもやってますね
DVC00002.jpg


太陽のトマト麺 大塚北口支店
住所:東京都豊島区北大塚2-8-8
電話番号:03-5907-4757
営業時間:11:00~25:00(平日) 11:00~24:00(日・祝)

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村

レポーター: マァフィ

スポンサーサイト

| 東京都豊島区 | 16:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT