麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラ・ヌイユ@銀座

本日のランチは横綱を伴い麺ラー屋探訪。

少し前に見つけた銀座の未訪店「久留米らーめん 金丸」を提案。

「えっとデスネ、この店はデスネ、ムジャキフーズの社内コンペで勝ち抜いて開店したデスネ・・」
横綱は、俺の麺ラーウンチクを聞く素振りも見せずにコンマ数秒で却下。

「ソコじゃなくてココ行きましょう」ということでエスコートされたのが

東京ラーメン ラ・ヌイユ(La Nouille)

聞いたことも無いし、バッサリ切り捨てようとしたところ、
以前横綱がレポした際に琴線に触れた「チャーシューおにぎり」があるお店ということで納得。

晴海通りを越えて歩くこと3、4分、某出版社の近くの細い路地に佇む青い外観が目印の当店。
並びもなくアッサリ入店。昼時なのに先客2名程度です。

あくまでも「チャーシューおにぎり」ありき、でランチセットメニューの

つけ麺+チャーシューおにぎりセット 850円 を注文。

つけ麺は冷やもりとあつもりがあるようで、冷やしを。

待つこと5分、つけ汁が先に登場。

汁

そこから麺を待つ約3分間、汁を放置。
まあ・・厨房はオヤジさん1人でやってるので大目に見よう。

ようやく麺登場~

麺


そーそーそー。
「冷やし」だけにこーやって氷の上でキンキンに麺を冷やして・・て馬鹿野郎!

乗っけちゃった!?
写真はボケてて分かり辛いですが、麺の下には氷が敷き詰められてます。
そーめんじゃないし。。氷の上に乗っけてもそんな冷えないヨ、オヤジさん。。

しかも麺ヌルいし。冷水でシメてくれるだけでいいのに。。

もう見た目で見切ったけどZUVOBA~ ドイヒー。

酸味がかった汁は酢やら醤油やらラー油やら入ってる感じですが、
ダシの味がさっぱりしません。生臭いワカメも要らんでしょ。

麺はコシもシャシャリもなく、氷が溶けた水に浸ってる部分はベチョベチョ。
(市販だっけな?この麺どっかで食った記憶があるが・・・思い出せない)

まあ・・最初から麺ラーではなくおにぎり目当てだったしな。。

にぎり

気を取り直して俵型のチャーシューおにぎりをパクリ。

うん、醤油飯にチャーシュー巻いただけだ。
しかも麺ラーに使うチャーシューをまんま流用してるだけやがな。ご飯との一体感ね~な~

せめてらーめんの味を・・と、横綱の頼んだラーメンの汁を一口すすると
まあこれならなんとかイケるかな・・というレベル。
選店ミス7割、オーダーミス3割かな。

3点!



部長’s EYES 【この店のここがスゴい!】

乗っけちゃった!


部長
★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


東京らーめん ラ・ヌイユ
住所 東京都中央区銀座3-14-7

大きな地図で見る

電話番号 03-3542-0027
営業時間 11:30〜15:00/17:30〜22:00
定休日 土日祝
座席数 カウンタ11席


レポーター: 部長

スポンサーサイト

| 東京都中央区 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT