麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勝丸@六本木

更新久しぶりです(汗)

10/6
霞ヶ関への打ち合わせついでに忘れ物を受け取りに六本木まで。

夕方近くでしたが、おなかもそこまで空いていなかったので、
六本木ヒルズの地下にあるメトロの入り口から
そのまま地下鉄で帰社しようと思ったところ、
目の前に懐かしい暖簾が見えました。

そう、
あの店の暖簾です。
DVC00652.jpg

支那そば勝丸 です。

六本木ヒルズに入っていたのですね~
数ヶ月前の昼時に目黒山手通りで前を通りましたが、
混んでいたので行かなかった以来です。
昔、ラ博に入っていたころはよく行ったものです。

アイドルの時間でしたので、
中には客一人もいませんでしたが、
思い出に誘われ入店。

DVC00643.jpg

今は、こんなにメニュー豊富なんですね~

当時は、醤油ラーメンか、塩ラーメンか、
でしたが、
なんと醤油と塩のミックスまであるようです!!
(結構昔から???)

さすがにそれには、惹かれなかったのですが、
なぜか?!
勝丸で味わったことのない『つけ麺』にムショウに
惹かれてしまいました・・・


ということで、さっそく注文!
味玉つけ麺 950円

さっそく店員のおじさんに食券を渡すと、
『醤油』と『魚介とんこつ』の2種類あるそうです。

「おすすめはどちらですか?」

と聞くと

「さあ。好みですからね~」

おっと!
いや~な感じです。
(言い方が)

とりあえず、
勝丸ということで、「醤油で」

10分くらい待っている間、
誰ぇ~もいない、店内の様子を眺めていると、
DVC00644.jpg

さっきの店員のおやじさんが、もう一人のおやじさんと
業務話をでかい声で話しています。
客がいるなんてお構いなしに。。

さっきの返答がいや~な感じだったので
なんか、いや~な感じに思ってしまいました。

なんて思っていると、
出てきました~
DVC00645.jpg
う~ん♪
具沢山でうまそうです。

DVC00646.jpg
でもって、スープもうまそう!
醤油ということで、
よくある魚介ダシスープよりも濃い色です。

いただきま~す!!

DVC00648.jpg

麺は太めで、
歯ごたえアリ!!!
もちもちしてうまいです!!!

しか~し!!!

スープは、
全然つけ麺としての、魅力を引き出すような
味ではありません。

ちょっと濃い口に味付けしてありますが、
正直、ラーメンをつけ麺にしただけという感じで
工夫を感じないですね。


これならラーメンでよかった・・・

これならラーメンがよかった・・・

は~

と思いましたが、
もう食うしかありません。

味玉は普通にうまいですけどね
DVC00649.jpg


がむしゃらに食い、
完食!
DVC00650.jpg

あっ
そうだ
スープ割りは出来るのかしら???

店員のおやじさんが表(カウンター)に出てくる
のを待ち。

「すいません、スープ割り的なものって、、、あります?」

すると、

「あ~、ありますよ~
 ちょっと待ってね~」


と・・・

なら、最初か、無くなるくらいのタイミングで言ってほしいよな~・・・

ますますいやな感じに。

そして、スープを一口いただくも・・・

DVC00651.jpg

見た目はきれいですが、
何かこりゃうまい!と、いわゆる有名店のスープ割りで
ぐいぐい飲んでしまうような味でもなく。

ひと口、ふた口で、、、

「ごちそう様でした」

・・・

6点

何か、残念でした。

いい思い出消えました。

久々に本店に行きたいな・・・


あっ!
そういや
記念すべきボクの(ブログアップ)50杯目でしたっ
和尚と横綱の背中を追って、早くボクも100杯食べないとな~

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

勝丸 六本木店
東京都港区六本木6-2-31六本木ヒルズノ-スタワ-B1F
03-3746-2731
11:00~23:00(L.O 22:30) 無休
営団地下鉄日比谷線 六本木駅 徒歩0分 (コンコースにて直結)

レポーター: マァフィ

スポンサーサイト

| 東京都港区 | 21:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT