麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大勝軒@大つけ麺博

大つけ麺博第一弾を振り返っての所感はというと、

味云々の前に、、総じてCP悪すぎ~ ですね。

名だたる名店の味を広く知らしめ、麺ラーを好きになってもらう機会作りの場。
・・のはずが、つけ麺嫌いを大量生産することにならなければ良いがね。

そんな一抹の不安を抱きながらも第2弾突入ということで(もうちょいインターバル欲し・・・)
週末金曜のアフター5に会期3度目の日比谷シャンテへ。

監督と会場へ向かう道すがら、会社の後輩とバッタリ遭遇。
「オッス~ 合コン?」
「ハイ そうっス!」

キラキラ目を輝かせたヤングな後輩2人組は問いかけに喰い気味に返答。

あ、ホントにそうなんだ。。ハナキンだもんね今日は。
若さって・・ええね。あんなに目がキラキラ させて。
それに引き換え俺らは一体・・・

いやいや。。 い~やいやいや!
卑屈になることなかれ。これが麺部隊員としての生き様じゃい!!

欲しがりません勝つまでは! 

「勝って~くる~ぞと 勇ま~しく~♪」
ただ己の使命を全うするために、邪念を振り払い現地へ到着。

会場を照らすライトが弱く、全体はかなり暗めですが結構混んでいる模様。
会社帰りのリーマン、OLさんが多いようですね。

千葉の雄「とみ田」が予想通り一番の行列。

オイラは「BASSOドリルマン」を食べるために列最後尾へドッキングするも、
全く前に進む気配が無かった為予定を変更し大勝軒の列へ移動。

待つこと25分程度でしょうか。ようやく最前列へ。

大勝外観

残念ながら山岸さんはご不在のようでしたが、
メニュー表には<参った!>札が貼られておりました。。

御大、、ご自身の店に貼っちゃった。

第1弾の「なんつっ亭」古谷氏が率先して呼び込みをやられてましたが、
やはりどの店も集客に苦戦しているのでしょうかね~。

第一弾でよほど反響が大きかったのでしょう。ついに、どの店も「大盛り」オプションを始めたようです。
大勝軒のトッピングメニューはこちら。大盛り・味玉・極太メンマ・肉天 の4種類。

つけ麺800円+味玉100円 を受け取り
リーマンだらけのテーブル席へ移動。

大勝器全

なかなか旨そうです。
早速 ZUVOBABA!

う~ん♪ 加水率高めのツル・ムチ・プリな中太麺に魚介が勝った濃い目のつけ汁。
これぞ大勝軒!という味ですね。

コリコリな極太メンマに加えて汁底には肉天が入ってました。
汁でコロモがべチャっとしたこの肉天は、個人的にはあまり刺さりませんでしたね。

大勝シナチク 大勝豚天


つけ汁は店舗よりも濃い目に味付けされている気がしましたが、基本的にはかなり店舗の味に
近い一品だったと思います。 大勝軒の良さを残したといえるでしょう。

7点!

・・いやいや。だったらやっぱり、安くてお腹一杯になれる店舗の方がいいな。
麺量の多さでは定評がある当店も、このイベント用のデフォには抵抗があったのでは?
量の多さをウリの1つにするお店にとっては、このイベントはリスクがありますね。


え~僭越ではございますが、足を運ばれた皆様の声を代弁させて頂き、

運営サイド及び第3弾を待つ店舗に告ぐ!

大盛りを無料に!

してくれたら、俺は無条件でそこに並ぶ。


★Yahoo!!JAPANラーメンブログランキングに参加しています!
Yahoo!!JAPANラーメンブログランキングへ
Yahoo!!JAPANラーメンブログランキング

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

レポーター: 部長

| 大つけ麺博2009秋 | 13:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |