麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

蒼龍唐玉堂 目黒店@目黒

結構前の話だか、お昼。

目黒は権ノ助坂の麺ラー地帯へ。

生活全体的に刺激が欲しいということで坦々麺がウリのこちらに入ります。

際コーポレーションのお店ですね。
いくつか店舗あるみたい。

20090917125358.jpg

店内の客はキャパの6割程度。
難なくカウンターに座りメニューを見ます。

坦々麺の種類が豊富で、坦々麺好きとしてはあれこれと目移りしちゃいますね!
その中でパッと目に入った「日本一辛い」とある文句が気になり、

麻辣坦々麺(780円)


を注文。

中国人の店員さんが「コレスゴクカライ。ダイジョブカ?」と確認してくるので、親指を立てながら「ワタシ辛い大好き、OK」と返答します。

待つこと数分。

やってきました。

20090917123715.jpg

え?表面が唐辛子で埋まってます。
さすがに予想を超えるビジュアルに尻込みしながらも、なんとなく視線を感じる店員の手前、涼しい表情でスープをすすります。

ズズッ。ウッヒー!!

はい。やっちゃいました。

ビリビリビリ~!舌は痛覚が支配して目は火花が出そう。

本格四川を売りにした中華なんかで、ごくたまに出くわす「唐辛子祭り」です。

毛穴からワッショイワッショイと汗が噴き出します。

麺はこんな。
20090917123828.jpg

白っぽい麺ですが、味はほとんどわかりませんでした。

麺をおかずにサービスのライスを食べる流れです。

スープをたまにチャレンジしては、ヒィヒィ痛みを感じる、の繰り返しでした。

一瞬辛ウマな場面もありましたが、調子にのるとすぐに味覚が麻痺しちゃいます。
ゴマはいたのだろうか…

ピザには大量のタバスコ、ハバネロをふりかけ、蕎麦屋では色が変わる程七味を投入する細マツですが、こいつにゃあ降参です。

これは相当な辛好き猛者でなければ美味しくペロリとはいかないでしょう。

4点!

二日酔いを瞬時に吹き飛ばしたい時や、己を見極める時など、ある一定の需要はあるかも。

次は大人しく他の坦々麺にします。

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

蒼龍唐玉堂 目黒店
東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第1ビル 1F
営業時間
[月~金]
11:00~翌4:00
[土・日・祝]
11:00~22:30
定休日 無休

レポーター: 細マッチョ

スポンサーサイト

| 東京都目黒区 | 10:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |