麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

阿吽@湯島

ははぁ~ん。
どうやらこのGW中はUPする気ねぇな、隊員ども。






というわけで、
5/1()夜。GW 突入ですね。
特に遠出の予定もなく、日々家と近所でまったり作戦決行中ですので、
なるべく統合参謀本部長の負担を軽減したい。
必然、外での食事が増えてきます。
・・・という何とも批判を受けようがない完璧な理論武装で、
「久々に胡麻を堪能しに参りましょうか?サー」
と本部長にオッファー。快く快諾して頂きました。

GW突入直前の前回
このような告知、
告知

『最近よく聞く油そばとはなんだろうか? 
 たずねてみるとタレと香味油で食べるラーメンだとか。。 だったら辣油で作れば美味しいんじゃないか。
 そこで、油そば 期間限定
 自慢の辣油で作りました。 5/1より』
がありましたのでこちらをどうしてもやっつけたくて。。。

GWに浮かれる人並みを掻き分け、18時過ぎ到着。

阿吽@湯島
20100501185942.jpg


先客3名。意外に空いてるんですね、GW。
いづれも独り客で、内2名が単独女性
また後客が1名でしたが、そちらもうら若き単独女子
こんなにも女子が独りで来る麺ラー屋ってある???
すげぇな、阿吽。
むさい男どもが狭いカウンターで尻をつけあってムハムハと汗だくで啜る
従来のラーメン屋とは何か決定的に違うわ。

で、狙い通り、

a;un 油そば (800円) をポチ。

統合参謀本部長は、
通常の阿吽坦坦麺(三辣)で、山椒少な目をコール。
どうやらMYベストチューニングを発見したようです。

辛味は入れますか?」と店長さん。
という投げかけをされると思ってなかったので、
一瞬キョドるも、そりゃ当然と言わんばかりに力強く頷きます。

待つこと5,6分でご登場。
麺ラー

湯がいたほうれん草にたっぷりの水菜
またつゆ無し坦坦と比べて(たぶん)意識的に大振りにしたであろうゴロゴロとした挽肉そぼろ
白髪葱の彩りと、珍しくシナチクも。野菜が多めですね。

さぁこいつも混ぜ混ぜ攻撃だ!
混ぜ混ぜ
阿吽さんに来るたびに、色んなもの混ぜてんな。(と改めて思ふ)

麺はこちら。
麺
いつものモチモチ太麺。
相変わらず非の打ち所のない湯で加減絡み具合ですねぇ。
うんまい!
通常のつゆ無し坦坦麺と比べると、豆板醤?の風味があり、
また胡麻ペーストのコクはありませんが、
より辣油の香りと味わいが前面に立っております。
でありながら辣油の辛味のみが主張してくるわけでもなく、
完全に辣油「旨味」。これがいい塩梅に通常とは違う方向で調整されてる設計ですね。
そもそもやっぱり阿吽さんの辣油そのものが美味いんだろうなぁ、これ。
巷では「辛そうで辛くない、少し辛い食べられるラー油」がバカ売れしてますが、(おいらの家もコレ常備)
阿吽さんのこちらの辣油は、
「辛いけど食べられる辣油ですね。

ズルズルと白いポロシャツに辣油を飛ばさぬよう気をつけて、ご馳走さまでした!


・・・・問題点が一つ。
つゆ無し坦坦麺以上に、辣油をフューチャリングして設計されたこちらの油そば。
ってことはつまりいつもの(おいら独自の)「古くて新しい問題」が頭を擡げます。
油あまり
この残ったタレに、白いご飯ぶち込んで、
辣飯にして喰いてぇぇぇぇ!
しかも最近それを経験してしまいましたので、その欲求度Maxです。

しかしそれは叶わぬなので、
すくうように残った辣油具材をサルベージして、
本当にご馳走さまでした。。。
から

a;un油そば
従来のつゆ無し坦坦麺がありますので、
それとの差別化がなかなか難しいのかも知れませんが、、

9.0点!!!

つゆ無し坦坦麺をあれだけ美味しく供給している実績経験値
辣油使い手マイスターとしての匠の技
そして何より自家製辣油そのものの高いクオリティ
この3つが合体したシナジーは、美味いに決まってますって!

より胡麻風味の濃厚さと山椒のエッジを求める方は「つゆ無し坦坦麺」
阿吽さんの至極のマスターピース辣油そのものをより楽しもうという方はこちらの「油そば」を。
という住み分けでしょうか。
おいら的には、麺ラーのみをハムハムしたい時はつゆ無し坦坦。
その先の辣飯までもが現実的な視野に入ってる場合は、むしろこちらの油そば。
・・・ですかね。




★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
  GW中も麺活じゃ!!
 ↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村




と、本部長がデザートで注文したこちら。

絹ごし杏仁豆腐(300円)
杏仁豆腐
初めてお目にかかりましたが、量もたっぷり。
程よい上品な甘さで、辛い坦坦たちを食した舌には非常に優しいお味でした。
これも何気にお勧めです!
8.0点!




四川担担麺 阿吽 @湯島
住所:東京都文京区湯島3-25-11
営業時間:平日11:00~14:00 18:00~22:00
     土曜11:00~15:00 18:00~22:00
     日曜11:00~15:00 18:00~21:00
定休日:月曜日(スープの状況により臨時休業あり)

レポーター: キバヤs

スポンサーサイト

| 東京都文京区 | 08:10 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |