麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旭川らーめんSaijo(品達七人衆)@品川

品川でフォーラムに参加してお勉強したブレイクのお昼どき。
さ~てホテルのランチでもと思ってウロウロしましたが、フォーラムの参加者で混んでいて、すぐに撤回。

駅近くまでもどって品達に向かうプランに変更。暑い最中でも足取りが軽くなります。
とことこ歩いて到着。さて、どの店にしよう。

平日の昼ちょい外しなので、どの店も行列らしい列はありません。
塩ラーメンが食べたくなったのでこちらに決めました。

お腹がすいていたので、

Aセット(塩ラーメン+鮭マヨご飯)900円
※塩ラーメン単品750円


をポチっと押して入店。テーブルの相席ですが並ばず通されました。

楽しみにしながら、店内を見渡すと、リーマンに紛れて若者もチラホラみえます。学生かな。

思ったより待ちました。15分くらいですかね。
そんで登場~!



お!綺麗なビジュアル。かわいいね。やっぱ塩はこうじゃなきゃ。

早速スープを一口。

20100713124441.jpg


むむむ!?む?

売り文句のスッキリというよりはしっかりした味付けですよ。
しょっぱい感やコッテリ感をギリギリで抑えつけたような印象。
むしろ迫力あるスープです。うまいな!と思った反面「麺が負けないといいけど」なんて思いました。

さ~てその麺は…

20100713124503.jpg


中太の縮れ麺ですね。よし、いくか。

ZUVOBAbababa!

ふ~む麺そのものは悪くないけど、締まりがないな。やわらかい。
これだと縮れ麺なのにスープを吸い込み過ぎの印象になります。

悪い予感的中。スープに負けてますわ。

だんだんクドく思えてきます。うまいけどクドい。暑いから更にそう思えるのかな。

あ、叉焼はうまいし、スープとバッチリですよ!
20100713124629.jpg
厚みもあるし、こちらはギュッと締めた感じがしました。


ふう、ここで鮭マヨご飯にいって舌に変化つけてみます。

20100713124421.jpg

あ、これうまいわ。マヨでもっとコッテリくるかな、と思ったけどむしろ白米に対しては上品なバランスとってます。

相変わらずスープはうまい。麺を食べていき、そろそろ締めへ。
そこでついに鮭にマヨご飯にスープをかけてお茶漬け風に食してみます。

ありゃりゃ~うますぎ!反則っぽいな、こりゃ。
マヨが指揮者っぷりを発揮して味を強引にまとめています。
(写真を撮るの忘れちゃったけど、ビジュアルがよいわけじゃないし、想像してください!)

もぐもぐ食べて完食。ごちそうさま。

うまい、うまいが、麺にインパクトがないのが悔やまれます。
あのスープはご飯のお供に最適だと思っちゃいました。
レベルは高いから、冬食べたり、お酒の後食べたらガラッと印象変わるかもしれませんが、スープと麺のCHEMISTRYが期待からするとイマイチだったので6.5点!

※ケミストリー=細マツがここ数年興奮してやまないベストTV番組「american dance idol」の辛口ジャッジの皆さんが男女ペアのダンスを評論するときの用語。「化学(反応)」、ボクシングなんかでいうところの「マッチアップ」みたいなことっすかね、互いに高め合うというか、1+1(1×1)が4にも5にもなるというか。
麺ラーにもスープ・麺・具材という奇跡の配合というところで当てはまると思いますよ!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
↓↓ もっと麺な自分を磨きたいなら! ↓↓
ほんブログ村にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ



旭川らーめんSaijo(品達七人衆)

東京都港区高輪3-26-20
TEL.03-5475-7020
・営業時間
午前11時~午後11時
※店舗により営業時間が
異なります。


大きな地図で見る



レポーター: 細マッチョ

スポンサーサイト

| 東京都港区 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT