麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つけ麺道&小麦と肉桃の木(第一陣)@大つけ麺博 in 浜松町

マァフィの有無を言わせないフライングレポートでついに始まった新シリーズ!

金曜の夜、一緒に飲んでいたキバヤsさんの悲痛な決意。
「俺は明日、必ず食べる。皆、ついてきてくれるよな?マァフィは本気だぞ!」・・・・

そして3連休の初日。
昼過ぎにはキバヤsさんから「俺、達成。新境地到達」
「後は任せた。マ・ジ・で」とのメールを受信。細マツの心は決まった。
「キバヤsさん、そのバトン受け取りましたぜ」
今回の会場は浜松町駅前。細マツにとってはお散歩コースに指定されたエリア。つまりはホームなのです。
ここは積極的にシリーズに貢献すべき。腕が、いや腹が鳴ります。


20時過ぎになっての出陣です。
今回はラストオーダーが21:30で22時までの開催という、平日のサラリーマンには助かる会期日程ですね。

お散歩パートナーのカリスマセレブとテクテク歩いて会場に到着。
この時間帯だと涼しくなっていて、食欲が湧いてきます。

チケットを並ぶことなく購入し、さてどこにならぼうかな。
六厘舎と陳さんのコラボ店には、とてつもない行列が出来てます。
が、他はせいぜい10人程度の列。どこでもスイスイな模様。

細マツは「つけ麺道」へ。
F1000036.jpg
厨房では、若きイケメン店主長濱さんが調理の合間に、元気で大きな声で接客、客呼びをしています。
F1000037.jpg

5分程度の待ちでゲット!味玉(100円)をトッピングしました。
フルーツ酢をお好みで提供しているので、器の空き地に入れて席に着きます。
F1000038.jpg
なんか盛りだくさん、今までのシリーズと見た目でボリュームが違いますね。デフォルトの具は叉焼、ネギ、メンマ。

いっただきま~す!

まずは麺から。
F1000040.jpg
ストレートの麺は、紹介でいうほど細くはなく、歯ごたえと小麦の味がしっかりしています。

ではスープに浸していっちゃいましょう!
ZUVOVABAVABAVAVA~!

おほっ!
うまし。トレンドをしかと足元に固めた王道の味ですね。豚骨、鶏ガラに煮干。濃度が控えめで動物臭さはなく、煮干が醤油とよくマッチしています。丁寧な味です。もちろんネギはシャッキリでスープのマッタリを消してくれます。

具の叉焼は
F1000044.jpg
お、いいですね。トロトロしておらず、ギュッと肉味が詰まった感じで、スープと相まってうまい。

トッピング味玉はこんな。(すみませんブレてます)
F1000046.jpg
こいつはちょっとレア過ぎるセッティングかな、と思いました。黄味が完全に生。あっさり目にセッティングされたスープを意識したのか味つけも弱く、これがスープに混ざるとかなりの影響があるので要注意。好き嫌いが分かれそう。あえてトッピングで追加購入しなくてもよかったかな。

一方でこいつ!
F1000047.jpg
これ、カレー味のペーストみたいなやつでした。これをちょっと加えていただくと・・・


うみゃい

かなりの変化球ですが、別物の味になります。麺をスープにつけずこれと合わせてもうまい!

最後まで楽しめてごちそうさま!

さて今回。麺のボリュームが増えているような気がする。女子盛(700円)ができたからか、普通盛(800円)は一杯でも満足できる量になっている、気がする。

ということで、8点!

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

一方、カリスマセレブが並んだのは

桃の木

さん。

紹介にあった「乳と美のつけ麺」「コラーゲン」辺りに興味をもち、桃の木の列へ。

それがこちら。
F1000039.jpg

ビジュアルはキレイですね、さすが女子センス、でしょうか。

麺はこちら。
桃の木めん
平打ち麺ですね。味はどうでしょうか。

カリスマセレブ「フィットチーネみたい。ヨーグルトが入っていて、さっぱりしながらコクがあっておいしい」

なるほど、味見。
確かに甘味がある平打ち麺は、コシも充分。

さて、麺にくぐらせて「上品に」

ZUVOBA!


あれ?カリスマセレブが首をかしげてます。

カリスマセレブ「う~ん、なんだろう。どういったらいいのかしら。スープが麺に絡んでこないから味が淡白。スープ自体もサラッとしてるし。つけダレ?う~ん、間違って薄めちゃったのかしら?」

どれどれ。
確かにスープにくぐらせても麺の持ち上げは皆無。これじゃ、普通にラーメン食べるような話か。
ちょっとスープだけ。
う、しょっぺ~
塩の味しかしません。

ここでトッピングの「トロ玉(100円)」を加えます。
桃の木卵つけ
カルボナーラみたいになってますね。

カリスマセレブ「カルボナーラみたいになって麺はさらにコクを増したのに、このつけダレは相変わらず存在感がないわ。せっかく豚バラが美味しいのに・・・」

確かに、どうもインパクトがない。女性仕様というより、この牛っぽさと塩加減は、つけ麺としてまとまっていない気がする。

カリスマセレブ「これだったら女子盛りにしておけばよかったかしら」

あ、そうでした。カリスマセレブは長時間のお仕事を終えての食事だったので、女子盛りにせず普通盛りだったのです。

カリスマセレブ「豚バラは美味しいのよ。むしろ麺もおいしいし、油そばみたいに汁なしでアレンジした方がしっかり味をつけられたんじゃないかしら。ね?」

はい、おっしゃる通り。あなた素晴らしい!
幼少より和食から洋食まで本物をしっかり舌に植えつけてきたことによる「絶対味覚(?)」は、この一杯の評価だけじゃなく、アレンジまでイメージできるのですね!

なんとか完食したカリスマセレブに評点をお聞きします。どうでしょう?

カリスマセレブ「4点」

さらにカリスマセレブ「豚バラはおいしいのよ!この甘味。ただごとじゃないわ。それなのに、この豚バラを活かしきれてないじゃない!もっとスープのベースをあ~してこ~して・・・」


正直なところ、セレブに賛成。
女子が喜ぶ味について広く可能性を提示しているとは思うものの、女子マーケットは単純じゃないと思う。
今回出店している全店から、女子がこちらを支持するのは果たしてどれ程いるだろうか?

でも女子のセンス応援してますよ!がんばってください!!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
↓↓ 麺は楽しくチェックしようぜ! ↓↓
ほんブログ村にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ




大つけ麺博 @浜松町
【食べ比べ祭】
会期:9/16(木)~10/6(水)
場所:浜松町駅前広場
時間:午前11時~午後10時(9時L.O)
入場無料
各店共通料金:1杯800円 女子盛・1杯700円(女性限定)

【実店舗は↓】
つけ麺道@亀有
住所:東京都葛飾区亀有5-28-17
TEL:03-3605-8578
営業時間:11:30~スープが無くなり次第閉店(19時ごろには閉店多し)
定休日:月曜日
最寄り駅 JR「亀有駅」

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

桃の木@新宿
住所:東京都新宿区新宿1-32-4 エヌエスビル1F
TEL:03-3341-0366
営業時間: 11:00~売り切れ次第(120食)(17時前後売り切れ)
定休日:日曜&第1・第3月曜
最寄り駅 丸の内線「新宿御苑前駅」






レポーター: 細マッチョ

スポンサーサイト

| 東京都港区 | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT