麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

焙煎汐蕎麦処 金字塔@赤羽

皆様遅くなりましたが、あけお麺

少々遡りますが昨年末のとある土曜日、朝からホケっとザッピングをしておりますと、
王様のブランチ「東京新ラーメン店特集」 とやらにヒット(ナイスザッピン!

取り上げられていた幾つかのお店の中で、
一際異彩を放っていた北区の店が気になぁて気になぁて・・
麺部城北支部エリアマネージャーである監査役へ

「所轄エリアで要取材店発見。取材日調整を!大至急だっっ! 」
業務連絡を済ませた翌日、久しぶりの遠征決行
京浜東北線「赤羽駅」北口を出て5分程歩きますと、程なく到着いたしました。

焙煎汐蕎麦処 金字塔

看板

あぅっ(>_<)
11時半に到着するも、店外すでに10人以上の待ち。

いつもの土曜日は家で子供達に焼きそば作っていそうな、、
明らかにNot麺ラー族な、、近所の主婦と思しき方達が多数。

ブランチの影響力、恐るべし。 あぅっ(>_<)
店外にはおなじみ浅草開化楼の麺箱がどや顔で詰まれていました。
かいかろう

オバ様達の井戸端会議を聞きながら待つこと4、50分でようやく店内へ。

トリュフのオイルを使った洋風ラーメンがこの店のウリだそうで、
聞いただけは訳分からんちですが、メニューといい、喫茶&Barな内装といい、
街のラーメン屋さんとは一線を画したぁて仕方なさそうなこの店。
「ラーメン3賢人が選ぶ東京新ラーメン店第4位」(ビミョ~) なこの店の実力は如何に・・・

熟考の末 特選つけそば 1000円  をコール。

程なくしてソヤツ登場。
全体

こちらの貼り紙の通り、確かに見た目は蕎麦です。麺ラーではなく、バーソーですなこりゃ。
付け蕎麦です

1枚目のせいろ(左)は開化楼特製の細麺。
2枚目のせいろ(右)には博多ラーメン風のポキポキ細麺が盛られてました。
麺UP 麺UP2

異なる食感をお試しアレってことですか。なかなかニクイ演出です。1点プラスカキコ。

お店のコンセプトに従い蕎麦気分でZUVOBABA~!といきますと、
予想以上に舌に鋭く突き刺さってくる蕎麦つゆです。つけ麺の汁としては若干塩っぱい・・かな。
否、つけめんではなく蕎麦だと言い張っている以上、この塩加減も店主の計算なのでしょう。(たぶん)

途中から気づいたのですが、麺を汁に半分ほど浸してZUVO!・・っと啜りますと、
丁度良い塩梅に。コリャ文字通り蕎麦ですな。

素の麺を味わった後は、小鉢に入ったコーヒー油を麺に数滴垂らして召し上がれとな。
コーヒー油
コーヒーの風味を微かに感じながらZUVOBA!といきますと、、
蕎麦つゆと摩訶不思議な化学反応による味変。コレって予定調和なんでしょうか?

チャーシュー・炙りチャーシュー味玉おこげホウレンソウ&太メンマ
トッピングの具もシャレオツな盛り付けです。
つけあわせ

半信半疑でおこげを汁に浸してガブリといきますと、軟らかめのおこげに
粘度低めの塩ベースの汁が染み込んで意外な「食べ物」に変化してビックリん子。

そしてこれまた初体験の・・
たまご

黄色い味玉。(味はフツー)

店主の斬新な世界観の中で次々と繰り出される緩急自在な演出に・・
脳みその結構大事なところをガツンとやられたようで中枢神経もすっかりマヒ。
店長、ボクちんもうあなたの世界観についていけましぇん
徐々に味覚も良く分からんち状態に。

締めは紅茶ポットに入ったほうじ茶(?)でスープ割り。

湯割り
ブハー。これはウンマイすな。

こちらは監査役が注文した汐らーめん
101212_1228~0001

トリュフの香りを前面に押し出した一品だそうで。
確かにトリュフ的な香りはしなくも無いですが、人工的な鼻につく香りが
立ちすぎて個人的にこちらはパス・・ですが、良くも悪くも初めての味ですねこれも。

驚きと裏切りの連続。
オイラの座標軸のどこにも位置しないこの店を採点するには冷静になるための
いささかのリハビリ期間が必要な気もしますが・・

麺ラー好きを受け入れる素地が整っている渋谷・新宿ではなく、
あえてこの地で(違うのか?)アグレッシブ且つチャレンジングに麺ラーの
新たな可能性を模索し、その世界観を つけ蕎麦(と、黄色い玉子)という形で
具現化してもうた気鋭の店主に敬意を表し・・


8.5点 


★他にも失神しそうなラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村



焙煎汐蕎麦処 金字塔

住所 東京都北区赤羽1-62-5 電話番号 03-5249-0355
営業時間 11:30~15:30 17:00~24:00
定休日 毎週月曜日
座席数 24(個室あり。4人×2)
喫煙 不可
最寄り駅 JR、南北線「赤羽駅、赤羽岩淵駅」
駐車場 なし
Webサイト http://www.hotpepper.jp/strJ000765396/

レポーター: 部長

スポンサーサイト

| 東京都北区 | 22:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |