麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

麺屋 一燈@新小岩

2011年
想定外な出来事が起こり過ぎてます。
我々麺部においても。大きい事から小さい事まで、悲しい事から嬉しい事まで。
そんな2011年だから、年明け早々の小生が遭遇したほんの些細な事故なんて、麺部部員の心の片隅にも残ってないと思います。
ただ、事故の直後のお休みの日、反省し凹んでいる小生をキバヤs先輩が麺活に連れ出してくれたことは小生はしっかり胸に刻んでおります。
それは、キバヤs先輩の優しさ、気遣いが心に染込んでいるから・・・
いや、違った、そこで食した麺が衝撃的に旨かったからだ!

と、またあの麺を食したいと思い、キバヤs先輩の小さなボールを遠くに、上手に飛ばす練習をしてそうな土曜日を見計らいオファー。
「12時半まで待て」との指令。
了解です。

お腹を空かせ12時半にキバヤs先輩にピックアップされ目的のお店へ。
麺屋 一燈@新小岩
一燈③

1時過ぎに到着。
いまや、押しも押されぬ有名行列店。
やはり、行列が・・・
約15名ほどでしょうか。

炎天下の中、この行列はかなりしんどかったです。
あの感動の旨さをもう一度と、汗を拭き拭き、待つ事30分強くらいでしょうか。
やっと店内に入れました。

夏季限定などありましたが、オーダーは
特製濃厚魚介つけめん大盛り
事前に食券を渡しておいたので、席についてからは比較的早く運ばれてきました。
ついにあの麺との再会ですです。
キマシタ

一燈⑤

いやぁ旨そうです。
キバヤs先輩も同じメニューの中盛だったのですが、タイムラグあり小生の大盛が早く運ばれてきました。
早速お先にということで一口。

んん?

もちろん旨いっす。
この系統はかなり提供されつくされた感もありますが、秀逸です。
麺もコシがありどんどん進む。
つけダレもクリーミーな鶏の旨味が感じられ、熱々で旨い。
チャーシューの柔らかさも文句なし。
鶏つくねも合っていると思います。
ただ、前回の感動がない。

魚介とのバランスが前回より悪いのか・・・
ちょっと甘すぎるような。

キバヤs先輩も同じような印象で。

これは、前回が冬だったからなのか。
ちょっと凹んでいたからなのか。
ただの勘違いか。
今回暑い炎天下で並びすぎたからなのか。

理由はわかりません。

でも、前回の感動でハードルを上げすぎたと結論付け、キバヤs先輩とジョージアサービス缶(250ml)を飲みながら反省。

普通に美味しかったです。
8.5点

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
 クリックお願いします 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村


住所 〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1-4-17
電話番号 03-3697-9787
営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00(材料切れしだい終了)
定休日 月曜日、月曜日が祝祭日の際は火曜日定休となります。
席数 カウンター11席
喫煙 不可
最寄り駅 JR総武本線「新小岩駅」
アクセス 新小岩駅下車徒歩3分
駐車場 なし(近くに有料コインパーキング多数あり)
開店日 2010年6月18日

レポーター: 横綱

| 東京都江戸川区 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |