麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

69'N'ROLL ONE@大つけ麺博2011【第1章】

ども 細マッチョです

金曜はいつもの仲間で飲むのが定例化しています。
何年も前であれば、金曜だもの、この仲間で合コンなんかに毎週毎週
精を出していた事もありました

しかし、そんな時代は過ぎ、金曜日こそ気の置けない仲間で飲むのが
楽しかったりします。

仕事が終わった人から順々に集まってきますが、部長と横綱、細マツは
先にお店にいって世間話をしていた数週間前のこと。

横綱が鞄から印刷物を取り出しました。

あぁ、これか・・・
大つけ麺博。

それは麺部にとっては、あるときは夢のアトラクション、あるときは使命感に駆られた
フィールドワーク、またあるときは涙の苦行でありました。

●麺部で大流行し、見事コンプリートを達成した2009秋
キラキラ輝いていた日比谷。

●キバヤsさんのムチャぶりにもめげず全店制覇した2010春
イベントのコンセプトとずれを感じた六本木ヒルズ。

●マァフィのフライングで始まり、最後の最後でコンプを逃した2010秋
細マツが地元(当時)の意地を見せるも、部員全体の足取りが重くなった浜松町。

今回は浜松町の方向性を強めたバージョン。
トッピングガールズも新たに結成されています!!

酒をのみつつ大つけ麺博のチラシをみながら、この店行きたいこれ食べたいなど
話すものの、部長、横綱、細マツ誰もが「コンプするしない」方面には向かいません。

前回で気力を使い切ったので、今回ばかりは全店制覇はパスしようというのが
各部員の共通認識。
我々を突き動かす何か、がやってくるまでしばらくおあずけ(ですよね?部長?)

とはいうものの、テレビやネットを見てると、大つけ麺博の情報が飛び込んできます。
やっぱり食べたいなということで、久々に浜松町の会場に降り立ちました。

このノボリ。
20110927140340.jpg
うむ、テンション上がります

券売機でチケットを購入してどの店にしようかと奥に進むと、
前回はなかったドーム型の屋根が設置されています。
20110927133845.jpg
熱射病対策でしょうか、これは嬉しいですね。

平日の13時半だけあって、あまり混んでいません。

チラシを見たときから気になっていた
69’N'ROLL ONEさん
の列に並びました。
20110927133951.jpg
15人前後の列にドッキング。

ロックな店主がある種の威圧感をもって仕事してます。
20110927134637.jpg
トッピングを見てみると、うずら玉子300円、鶏チャーシュー500円、
たこの唐揚げ(だったかな?)500円、チーズ1000円などこれでもか!
位に強気のラインナップ。
チャーシューはかなり迷いましたが、もう1店食べるかもしれないのでパスしました。

待つこと15分程でしょうか。いつもの器に盛られた麺をゲット!
69NROLL ONE
こやつがつけ麺「超純水による★69コンブネーション!」か。
麺が少なめだな~。

テーブルに置いて早速実食です。

細麺には超純水で昆布・鰹節・ホタテを水出ししたダシが絡まっています。
20110927135147.jpg
とろみがついた麺は、冷たく締められていますが、コシは控えめ。
上品というか、ダシの旨味がよく表現されています。

ではスープに絡めてZUVOBA!

ダシに醤油と鶏油が加わったスープはすっきりシンプル。
常温くらいに冷めたスープを直接飲んでみると、つけ麺のスープとは思えない程あっさりした濃さ。
そのせいか、昆布のとろみと味が強調されます。
とろろ昆布が入っているかのような感じ。

表面に浮かぶあられは食感が良いのですが、細麺にはあまり絡みつきません。

具もシンプルですね。
20110927135209.jpg
公式サイトによると羅臼昆布だそうで、結構味が強いです。歯ごたえよろし

鶏チャーシューは真空調理して旨味を閉じこめているとのことですが、
デフォで入っている肉は小さくてその旨味を存分に感じられません。
20110927135258.jpg
柔らい口当たりは良いものの、あっさりした醤油スープに負けちゃう位存在感なし。
500円プラスで別途チャーシューをトッピングすべきだったかなとやや後悔

薬味の生姜を早々に投入。
20110927135235.jpg
公式サイトではシソ、ミョウガ、ゴマをみじん切りにした薬味の筈でしたが、変更したのかな。
これはこれで、スープが締まって美味しい。

あれよという間に、スープも飲み干して完食。
あれ?もう終わり?

あっけないラストでした
ごちそうさまでした。

ちょっと麺が少ないですね。
デフォだと、腹ペコ男子の満腹感は得られないでしょう。
味も含めて、ボリュームもトッピング前提かのような構成でした。

とはいえ平日で空いているなら、ハイコストなトッピングを頼むより、
もう一杯別のお店のつけ麺を食べるチョイスがベターと思われ。

昆布のフォルテシモは好き嫌いが分かれるところ。
旨味たっぷりですが鶏油の存在感が消え気味なのが残念でした。

味のクオリティは高いものの、CPとの兼ね合い含め
5.5点!
※ネバネバ好きな小食系女子にはアリかも

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
    ブログランキングに参加中!
 よろしければクリックお願いします 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村

もう一杯食べる気満々だったのですが、スケジュールの関係で撤退しました
やっぱりあと2,3回は食べにくるかも。トッピングガールズも気になるしw


大つけ麺博
浜松町駅前特設会場
全店共通食券制
普通盛り800円
女子盛り700円(女性限定)
オフィシャルウェブサイト http://dai-tsukemen-haku.com/

レポーター: 細マッチョ

スポンサーサイト

| 東京都港区 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |