麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

二男坊@お台場

こんばんは!細マッチョです

週末はマァフィとお台場でデート。

ビーチでウクレレを奏でるマァフィ
マァフィより泥酔王子の称号をもらってあちこちにメールしまくる細マツ
迎え酒が進みます。

そうこうする内にマァフィの親友スギ○君も合流し、夕暮れ時のビーチで
カポカポ飲み続けておりました。

さすがに小腹が空いたねってことで、アクアシティにGO!
20111112190118.jpg
夕暮れ時のお台場はたくさんの恋人やファミリーで溢れています。

人々の波をかき分けて一路ラーメン国技館を目指すものの、
途中のゲームコーナーにつかまります。

懐かしいスーパーマリオにはしゃぐイケメン二人。
すぎくん

細マツも挑戦しますが酔っているせいか、全くいいところなし。
オトナなので金に物を言わせてクリア目指すも、泥酔王子と化した
細マツのマリオは虚弱すぎるため、早々に断念しました。

なんとなくゲームもお腹一杯になったところでようやく麺活~。
20111112200926.jpg
20111112193327.jpg
太鼓を鳴らしてフードコートっぽい館内に突入。
どの店も列を作っていないので、ちょっと拍子抜け

どうやら全店制覇しているマァフィにアドバイスを受け、細マツは
らーめん 二男坊 さんをチョイス。
20111112193600.jpg
数々の勲章を誇示されています。
20111112193649.jpg
ちょっと装飾がベタ過ぎるかな~
期待感は嫌が応にも高まりますが、本店の味が再現されているのか
気になります。

メニューをみて人気NO.1らしい
特製味玉らーめん(たしか850円)
を注文します。

待つこと4~5分。麺登場~。
二男坊

博多豚骨ラーメンにしてはやや待ちました。
天天有 のマァフィ
20111112193850.jpg

まこと屋 のスギ○君
20111112193838.jpg
よりも出遅れての着席となりました。

オープンデッキでさっそくZUVOBA!
20111112194925.jpg

スープはこんな。
20111112194836.jpg
ほうほう、これは随分マイルド
完成度高いです。
乳化手前の豚骨スープは甘味すら感じるコク。
臭みがなく、良くも悪くも東京ウケしそうな味。

麺もいってみます。
20111112194022.jpg
やや細の麺ですが、デフォでは若干やわらかいでしょうか。
ちょっとだけモチっとするような感じです。

特製味玉。
20111112194141.jpg
特製な味つけはあまり感じられずも、まぁ普通にうまい。

チャーシューはロースハムみたいなの。
20111112194321.jpg
牛タンみたいな歯ごたえ。食べやすいけど味的には食べ応えなし。

紅ショウガと合わせてみるとチャーシューはいけました。
20111112194041.jpg

食べやすいのでアッと言う間に完食!!
20111112195130.jpg
ごちそうさまでした。

季節柄もあって外だとスープと麺がすぐ冷めてしまい、かなりまろやかに
感じましたが、美味しくいただきました。
ただし、観光地価格なのかどうかは分かりませんが、850円はCPイマイチ。
(替玉150円だったと思うので、合わせ技1000円)
これで100円安いと印象がまるで違うけどな~

7点!

その後3人は東京湾をウロチョロするムカデみたいなクルーズ船ヒミコ
乗り込み夜の散策をしてみたものの、泥酔王子のスタミナは早々に切れて
あえなく下船するのでした
20111112202327.jpg


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!★
 よろしければクリックお願いします 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村

らーめん 二男坊
住所 東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場5階
電話番号 03-5500-2281
営業時間 11:00-21:00
定休日 無し
喫煙  不可

レポーター: 細マッチョ

スポンサーサイト

| 東京都港区 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |