麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

麺屋武蔵 神山&第二回部会@神田 VOL.3

今年もツール・ド・フランスが幕を閉じました。


別府さん敢闘賞おめでとう。
新城さんもよくがんばった。

鉄人アームストロングは総合3位ですか。
いやぁ~、素晴らしいの一言。


総行程3500km、3週間ただひたすらペダルを踏み続けたその先には
勝者も敗者もありません。


選ばれた者だけがそれぞれの責任を全うすべく
己の極限と闘う姿は・・

見る者全てを魅了し感動させるものです。


・・グスン。

なんか、、もう、、、泣いちゃうな。

素晴らしいね、この競技は。 ホントに。

おかあさん、ボクはヨーロッパ人に生まれたかったヨ。





by the way.

麺部の活動はスポーツに非ず。


んがしかし、
「日本人に最も身近で愛されている麺ラーは人を魅了し
感動を与えることができる唯一無二の存在である」

と信じて止まない我が麺部。


砂漠のように乾ききった俺達の心を潤す感動をくれよ!!



てことで、第2回麺部会

第二回会場として相応しい店に各々清き一票を!


結果、栄えある第2回会場に決まったのが
東京No.1行列店「六厘舎」

(投票2位はたしか第1回会場の「利休」だったネ。)


タクシーに飛び乗りいざ会場へ。

東京駅という場所柄も手伝ってか、会社帰りのリーマン
若いカップル、ミーハー麺食家達で大行列。


・・・1時間半待ちですって。


どする?


いつ目の前に現るか分からない選手をひたすら沿道で待ち続ける。
ツール・ド・フランスの観客達はそれを苦痛とは思わない。
人生最高の感動を得るために必要なプロセス、いやむしろその待ち時間
は不可欠だ、と。


ワカル、ワカルよ。


それに比べたら1時間半なんて「待ち」に入らんね。


我々は強い意思で列の最後尾へ パイルダー・オン。


待つこと10分。
えと、、30cmすら進みませんが。。



ポキン♪

ポキン♪

ポキン♪

ポキポキ♪

ポキポキ♪

ポッキンキン♪




聞こえたよ、皆の心が折れる音が。

ゲロゲロゲロゲロ クワクワクワに匹敵する見事な輪唱だ。




・・前言撤回。
感動は待たずとも味わえる(はず)。


てことで、カエル6匹で隣駅神田へ移動。



栄えある第2回会場は・・
麺屋武蔵 神山


オレ、実は武蔵バージン。 キンチョーしてきた~。


待ち客は無し。
店内12~3人のカウンター席のみで、ちょうど6席空いてます。


今日が部会開催日ということを知ってか、
我ら採点員の為に空けといたんでしょ。


まあ、、悪い気はしないが。。
残念ながらその配慮は採点対象外だぜ。
フッ。


すっかりミシュラン調査員気分で厨房を見渡せる席へエラソーにドカリと着席。


普通のラーメン食おうかと思ったが、
この日はうだるような蒸し暑さだったので自重。

神山冷やつけ麺を注文。


スタッフ達は慣れた手つきで各自がテキパキ動いてます。

待つこと10分、ソイツ登場

MA320042-0001-0001.jpg


なかなかウマソやないか。


グヮシッと麺を鷲掴み。
ZUVOBABABAいったるで~!!


~っと、麺が重い。。



加水率が相当高いのか?
丼の中で絡み合ってることもあるのか?

とにかく麺を持ち上げづらいんですけど~ ちょっと~。



汁の熱さを気にせず麺をガッツリ掴んで
豪快に食べるのがZUVOBA食いの醍醐味なのに。。


コヤツはそれができん。。



ルチュ ルチュチュ。テュフ ルチュチュ。


仕方なくZUVOBA食いを断念し、
唇にペトペトつく汁を気にしながらの丸の内OL食い。



不味くは無い。
いや普通に美味しいよ。


が、和尚の指摘にもあった通り、汁に入った
豚バラの油がどーしても気になる。


それと、武蔵バージンだった身でおこがましいが

なんか、、、こう、、作り手の熱が伝わってこないというか


食材+手間ひま=ハイデキマシタ、オイシイデショ?


行程から何から全てがデジタル化されてるっつうか、
無機的で最大公約数的な麺を食わされてるっつうか。。


武蔵ってブランドの元に各店舗が独自メニュー出してんだよね?
画一化されたチェーン展開でなく。


一口食った時の<驚き>とか<感動>とか、、
なんかそーゆうアナログ感が欲しいつーか。。




とどのつまり、、



花に水を!

地球に愛を!

ドンブリに魂を!




つーことで

6.5点



第3回部会の会場選び、難航しそ~だな~


部長

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村

麺屋武蔵 神山
東京都千代田区内神田3-8-7 グラン・フォークス神田ビル
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
関連記事
スポンサーサイト

レポーター: 部長 和尚 横綱 マァフィ キバヤs 細マッチョ

| 東京都千代田区 | 23:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

総合順位のつけ方がいまいち分からないんよ、ツールドフランス。
ステージ優勝と総合の関連性とチーム間の兼ね合いが。

確かピレネー越えの時?、
チーム戦略無視して飛び出した人いたじゃん?
先行する集団に追いついて引っ張るかーてな時に、
他のチームのステージ優勝狙い?の人たちに
お前後ろの集団に戻れ!的な抗議を受けてしぶしぶ戻ったり
したじゃん?あれとかゴメン、よくわかんないv-12

そゆとこ分かると楽しめると思うんだけど。。
素人でスマンす。

| キバヤs | 2009/08/02 16:47 | URL |

基本的には各チームの絶対的エースにマイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)を着せる、ということが大目標です。

各ステージの走行所要時間の合計が一番少なかった人が優勝(最終的にイエロージャージ着てた人)という点ではシンプルかと。

エースを勝たせる為には献身的なアシストが不可欠なのですが、アシストも単なる潰れ役には留まらない。
ドサール・ジョーヌ(チーム総合時間賞)も目指してるからです。

エースばかりが脚光を浴びがちですが、エース以外もキラリと輝けるポイントが必ずあるのがこの競技の魅力です。

ひたすらエースをアシストしながらも「山はオレが征す」とか「スプリントはオレが」とか、基本チーム競技とはいえ「オレがオレが」のポイントが必ずある。と。
そこらへん見る人は見てて、前年のマイヨ・ジョーヌのアシストが翌年別チームのエースになってたりしますからね。

各区間、皆勝手に走ってるようで綿密な作戦が立てられてて、その日の調子次第で走行中に臨機応変に作戦を変えてくんです。

確かにたまに予定に無いことする奴います。

おそらくランナーズハイに近い状態で別世界に入っちゃってんじゃないかと(これは不確かです)


…て

| 部長 | 2009/08/03 15:25 | URL |

…麺ラーと関係ないことを長々と書いてまいました。

今年のツール・ド・麺ラーはどうなるのでしょ。
今のところマイヨ・ジョーヌは「多賀野」です。

| 部長 | 2009/08/03 16:36 | URL |

長浜ラーメンやまちゃんが
「スプリントはオレが」と言っている。

・・いや、この週末BSで総集編を見てたんだけど、
いろいろ分からない機微が出てくるのよ。
ただ知っての通り、おいら根本的にレースもの好きじゃん?
だからちょっと興味あんだよねー
とこんなことは別で普通に話せって?笑

ま、そういうことよ。

| キバヤs | 2009/08/03 22:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menclubreport.blog78.fc2.com/tb.php/213-312ddae9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT