麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たらふくまんま@銀座

今日はクソ暑いでんな。。

本日のランチ、Y先輩そして珍しく会社に居た横綱を伴い外へ。

アテもなく、ただお店が沢山あるという理由で大通りへの道すがら

「メーンメンメンメンメーン~♪」


古き良き日本の風情、セミ。
まだまだ都会も捨てたもんじゃねえな。フッ。


薄ら笑いを浮かべつつ、さてとランチはどこにすっか。


いやいや、よく聞いたらセミの正体は横綱で、
麺ラー蝉特有の求麺の鳴き声だった模様。


毎日麺ラー食い続ける後輩の体を気遣う先輩として、
もちろんその求麺は却下。



できるわけもなく、
「そのプロポーザル受け入れます」

とメンメン共鳴。


そして「たらふくまんま銀座店」へ。


近くにありながら、普段全く用の無い高級店が入り
一般庶民を寄せ付けない佇まいから、未訪のビルの4Fにあります。


福岡が本店で、夜メインの地元料理屋ですか。


オーダーはつけ麺と決めて入店するも、当該メニューはオシマイとのこと。

では・・塩ラーメンで。

待つこと7、8分でソイツ登場。
ドアップで。

MA320050.jpg


スープをズズズと。

白湯塩スープって言うのかね?


麺は細めんでこんな感じ。

MA320051.jpg


普通に旨いけど、ちょっとスープが濃いな。
(Y先輩同意見)


それと、スープは油膜でフタして最後までアツアツで食べれる
<すみれ方式>なのですが、塩ベースにこれは少々ツラいかと。

せっかくの鶏ダシの風味も油に消されてますわ。


アクセントで入ったタマネギ、
チャーシュー代わりの鶏肉(3枚)
飾りにのってる謎の揚げ物(なんだろ?)

は旨かった。

味たまでなかったが、半熟タマゴもなかなか。

メンマは缶詰かな。水臭くてイマイチ。


全体として丁寧に作ってる感はあり、好感持てますが
銀座のど真ん中、しかも高級ビルのランチで闘っていくには
もう少しプラスアルファが欲しいかと。



場所柄仕方ないのかもしれんけど、
CP的(950円)にも難あり。

白ごはん250円って・・・クリビツです。




6.5点


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

にほんブログ村


たらふくまんま銀座店

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-7 交旬ビル4F
日曜定休
ランチ/11:30~14:30
関連記事
スポンサーサイト

レポーター: 部長

| 東京都中央区 | 14:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menclubreport.blog78.fc2.com/tb.php/227-313f6f15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT