麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京麺珍亭本舗@江戸川橋、早稲田

シルバーウィーク最終日の9/23

四国への車旅行から徹夜で我が家に戻ってきた日のお昼時。
徹夜で早朝に帰宅したものの、ナチュラルハイだったので、なかなか寝付けません。

こんなことなら、そのまま千葉の海に行けばよかった・・・

しょうがないので洗濯等をしていると、
なんとなく空腹感を感じてきました。

いつものように、近所のちゃぶ屋が頭に浮かびましたが、
SWでやっていないかもしれないということで、早稲田方面に向かうことにしました。

いつもであれば、自転車で向かうのですが、
タイヤがパンクしているのと、
こんなに天気がよく波もいいのに海に行けなかったので、
スケボー(正式にはサーフスケート)で、練習がてら早稲田を目指すことにしました。

DVC00551.jpg

このサーフスケート、、、
DVC00554.jpg

前輪部分がくねくね左右に曲がるため、
まるでサーフィンのような動きをすることが出来ます!

30過ぎたオヤジリーマンがTシャツ、短パン、キャップ、素足にスニーカー姿で
スケボーにて街を駆けます。

ただ、さすがに普通の通りを滑っていくわけにもいかないので、
椿山荘の下の神田川沿いの江戸川公園の小道を早稲田方面にスケボーで向かい、
公道は手持ちでいきました。

早稲田まで行こうと思った矢先、
そうだ!、と首都高の早稲田出口付近を大通りに出ることにしました。

そう、
あの店があります。
油そばの専門店です。
DVC00548.jpg

ちょうど外苑東通りが新目白通りにぶつかる角にちょこんとにあります。

店に近づくと、休日の13時半ですが、
10名ほど並んでいました。

DVC00541.jpg

お店はココ
DVC00542.jpg
東京麺珍亭本舗
油そばの専門店です。

一時期は空いてることもありましたが、
ここ数年は、つけ麺ブームの影響なのか何なのか、
いつも混んでいます。

結構へんぴな場所ですが、早稲田の学生さんなどが来るのでしょうか?

そういえば、昔
高田馬場でサッカー日本代表戦を、和尚とその後輩のバードと見た後に、
3人でチャリで向かったことがありました。
あいにく、24時過ぎになってしまい数分前に閉まってしまったのですが。。

そんなことを思い出しながら
待つこと10分程度。

順番が回ってきました。

食券で、油そばW盛 700円 +半熟玉子100円、を購入します。

5分ほど待ち席につくと、
すぐに出てきました!
DVC00544.jpg

うひょー!
うまそ~!

ラー油と酢を2周程度かけて
DVC00545.jpg

思いっきり混ぜていただきます
DVC00546.jpg

見た目はちょっときたなくなりますが、
これがおいしい。

味付けは、全然油っぽくはなく、
むしろあっさりしており、
最初はちょっと薄いかなと思うくらいの味付けです。
しかし、だんだん舌が慣れてくるので、ちょうどよくなります。
麺は、中太ちぢれ麺。
ほどよいコシがあり、おいしいです。

トッピングの温泉玉子を混ぜると絶品です。
岩手の地鶏の半熟玉子ですが、
途中で割って、麺とからめるとこれまたまろやかさが出て
同じ味に飽きることもありません。

普通麺の2倍の量ですが、
あっという間に完食!
DVC00547.jpg

ごちそう様でした~!

8.5点


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
クリックお願いします♪♪♪
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

東京麺珍亭本舗
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町565
03-5292-9711
営 業 時 間
11:30~翌3:00(月~土)
11:30~24:00(日・祝)
関連記事
スポンサーサイト

レポーター: マァフィ

| 東京都新宿区 | 13:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バードってそのままやん

| 和尚 | 2009/09/25 14:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menclubreport.blog78.fc2.com/tb.php/320-aca39ad5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT