麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

佐野JAPAN@大つけ麺博

それは前日金曜日の夜から始まっていた気がする・・・
そー毎週仲間と楽しく飲む金曜日夜。
会社の仲間(麺部:キバヤsさん、部長、細マッチョ、マァフィ含む)の仲間で楽しく唐揚げつつきながら焼酎がぶ飲みしていた大つけ麺開催最終週の土曜日前日。
日中、執拗なネゴのもと、大つけ麺博の最大の難関である佐野JAPAN部長の責任枠ということで麺部共通理解がなされてたはずです。
が、しばらく飲み進めていくうちに話の流れは不穏な方向に・・・
で、小生の相方がここで合流。
ここが全ての布石。
最初はみんなでラーメン談義に花咲かせ楽しい時間でしたが・・・
話が明日の佐野JAPANに話が移ると
「部長大変だなぁ」とか

「何時間待つだろうなぁ」とか

「和尚が帰省してなければなぁ」とか

そんな佐野ジャパンの威力を部長への励ましとともに肴にしてたところ
部長が口を開きました。
「明日、とりあえず日比谷に向かうが、心が折れてもしらんからな」
「ましてや俺なんかつけ麺800円食す為にその後高級焼肉予約してんだからな」
「横綱、携帯繋がる状態にしとけよ」

へ?

まさかの責任回避!

ここから楽しい宴は大紛糾を告げます。
和尚不在の麺部に責任感ある発言をできる人間は皆無です。
みなみな、自分の保身とおもろければいいや、という言動のオンパレード。
和尚不在の麺部隊員が各々、土日の予定がいかに外せないかの大プレゼン大会の開催です。
マァフィに到っては「本当は絶対に行きたいんだけどな~」なぞとほざく始末。
もう自分はセーフティゾーンだと思い込んでいるようです。

そんな件の中、沈黙していた唯一の味方だと思っていた相方から耳を疑いたくなる発言が飛び出しました。
『私たち、明日何もないんだから行こうよ』

言っちまったか~

この人たちの前でそんな不用意な発言を・・・
面白そうい展開に乗るスコープ当てられると逃げられない人たちなんですから!

案の定、この発言を境に横綱、日比谷に行く風な流れのまま宴が終わり、
小生は微かに残っているであろう部長の責任感に後は託し帰路へ。

翌朝目が覚め相方に「ホントに日比谷行く気?」と聞く小生。
「いいよ、行こうよ。みんなに行くって行ったんだからさ~」と相方。
ってあなたがね・・・

そんなやり取りしているうちに部長からのメールが。

「並びは200人、任してよいか?」とのこと。
何とか残されてる筈もない部長の責任感を頼りに攻防繰り広げるも、
他の店で食べたとのギブアップ宣言。

もうちょいがんばらんかい!

まぁ、しゃあ、ない。
天気がいいのが唯一の救いです。
いっぱい並ぶんだろな・・・
と思いながら決意を固めると隣から電話で話す声が。

「18時くらいから予約したいんですが・・・」と相方。
え、予約しちゃったの!?
焼肉!?

「部長も行くって行ってたしさ。別にいいでしょ。」
って部長、これは二次災害甚だしいっすよ。

もーいー!
今日はダメだ。

やけくそに日比谷に向かう。
有楽町から歩く皆さんがみんな佐野JAPAN目当てに感じられる被害妄想にとりつかれながら進みます。
14時半過ぎついに到着!

アナウンスは・・・
120分のお待ちです。
2時間って・・・
朝食、昼食抜きの小生。
2時間後って夕食じゃないっすか!

まぁ乗りかかった船だ。
待ちます。待ちます。待ちます。待ちます。腹減った。待ちます。待ちます。待ちます。腹減った。待ちます。足痛くなってきた。待ちます。腹減った、待ちます。

200911071531000.jpg

やっと佐野さんが・・・
感動すらおぼえます。

ここからは佐野JAPANの豪華なメンバーの方々の作業をを眺めあっという間に時間が過ぎました。

そしてついに感動の瞬間を迎えることに!

ヤットキマシタ
200911071553000.jpg

佐野さんが作る最初で最後のつけ麺。
やっと出会えました。
何度心折れかけたか。

早速相方と席を陣取り食します。

何やら、食べ方のアナウンスがあります。
1、はじめは麺だけで食すべし。
2、次に塩、山わさびを麺に絡め食すべし。
3、お好み でつけじるにつけて食すべし。
お好みって・・・(笑)

あくまでつけ麺は麺が主役っつう事ですね。

ではまず麺だけをつるっとな。

なにこれ?

今まで食べたことない麺です。
小麦の風味が凄いです。
かたさも最高の具合です。
これだけでも旨すぎます。
バクバクいっちゃいそうです。


おっといかん!全部いっちゃいそうでした。
次に塩と、山わさびね。
麺につけてつるっと。
これは反則です。
塩と山わさびがこの小麦最高の麺の旨味をしめるというか、さらに引きだすというか。
本当に旨いです。


最後にお好みでと言われていたつけじるに浸してずるっとな

うんめい!うんめい!うんめい!

何がお好みでですか!
このしる、透明で塩ベースですが鳥の旨味ぎっしり、さっぱりだけでなく、適度な塩加減、濃厚さも併せ持つ最高のしるです。
そして麺がまたびっくり!
しるに浸すとまた風味、趣が変わります。
優しい麺になるといいましょうか。
麺だけの時から比べしなやかになるといいましょうか。
旨すぎです。
感動です。


「うんめい、うんめい、うんめい」を繰り返しながら塩、麺だけ、山わさび、しる・・・・・
と交互に繰り返しあっと言う間に完食です。


いやぁ、ホントに凄いもん食べました。

いやぁ、ホントに凄いもん作りますね。

佐野JAPAN。


最高です。

麺を食してここまで感動してしたのは初めてです。
佐野さん、参りました。


9.9点

-0.1点分はこれをどこか店舗で食べたいという願望です。
いや、でも原価的に厳しいか・・・

佐野JAPANの皆さん、ご馳走様でした。
そしてありがとうございました


大つけ麺博、第一弾から賛否両論ありますが、小生的にはこの佐野JAPANのつけ麺を提供できた事だけで大成功じゃないでしょうか。
それくらい凄いもん食べれました。

そして、相方ととも大満足で日比谷からデパートへ。
どうやら相方の本当の目的はこっちだったようです。
確信犯的に小生だけが踊らされました。


そして焼肉へ向かう・・・

↓他にもラーメンの情報がいっぱい↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

レポーター: 横綱

| 東京都千代田区 | 19:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かに旨そうだねー。
おいらも機会とタイミングさえ合えば、
食べたかったなぁ。。

よかったな、
みんなに譲ってもらえて。

| キバヤs | 2009/11/11 12:49 | URL |

渋々譲った甲斐があったよww

| 部長 | 2009/11/11 13:07 | URL |

よかったじゃん!
横綱が繊細な舌だってこと証明できたじゃん!

| まぁふぃ | 2009/11/11 15:22 | URL |

それからさ、
細かい話で恐縮だけど、
いい加減ブログ村のボタン、大きいのにしてくんない?笑v-39

| キバヤs | 2009/11/11 20:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menclubreport.blog78.fc2.com/tb.php/408-bcab5f20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT