麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

阿吽@湯島

毎日暑いっすなぁ~

世の中的には夏好きの方が多いのでしょうが、
キバヤsは大の夏嫌いでございます。
「夏の良いところ」を具体的に5つ挙げてくれ。
たぶんそれ、全部「夏の嫌なところ」だから。




さて、
3週間弱越しのエントリ。
そんな夏を感じさせるもうすでに先々週のこと。
この日、統合参謀本部長の帰りは遅いことは事前に確定。
とかいう状況にも関わらず、麺通のみんなはおろか、そのほかの同僚&先輩も飲みに行ってくれない夏の夜。
に反して仕事の上がりはまぁまぁ早い。
さてどうするか?
・・・・ん、待てよ?この時間ならまだ阿吽に間に合うかも知れない。
加えて夏の限定メニュウも始まってるはず。


となりゃ行くしかないっしょ。
というわけで、、

阿吽@湯島
店舗
でござい。

店前のメニュウには、、
メニュウ

ありました!の限定もの『棒々鶏涼麺』。これよコレ。


券売機を確認。
・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?
券売機にボタン設置されておらず!
売り切れ表示でなく、ボタンそのものがなし!!(たぶん。。)
ぎゃふん
そうかまだ始まってなかったのか。
あ、でもまだ『油そば』のボタンはあるぞ。
んじゃ久々にコヤツをポチッ!・・・・・・・・ってこちらは既に「売り切れ」表示です。

わーん。
どこまで振られる日なのでしょう。
ならば次善策代替案として、、いつものつゆ無し坦坦、行っちゃいましょ!

とその前に、
あまりに振られ続けている男への同情として、おいらから一杯プレゼント。
ビール

アサヒ premium 熟撰 600円
で独りかんぱーい!

むはぁ~。。
うんまい!
細胞という細胞。毛細血管の隅々までルービーがじんわり浸透。
夏の夜にはキンキンに冷えたビールに限りますね。
(それに勝てるのは、夏のシャワー後のガリガリ君のみ)

そして締めくくり、

つゆ無し坦坦麺(四辣)800円
つゆ無し

混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。
ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。
つゆ無し麺

ZUVOBABABABABABA・・・・・ぶふぉ!・・・・・・BOVA!ZUVOBABABABA!

(本日2度めの)むはぁ~。。
言うこと無し、です。
9.5点!

時折、夏の暑いときに辛いカレーを無償に喰いたくなるもんですが、
暑いときに『辛い坦坦麺』ってのもオツなもんです。ガッツリ汗かけ、と。

でも新しい限定もの狙いで行って、その代替案である現行限定ものもなく、
言わばドラフト3位で指名したのが『つゆ無し坦坦麺』でこのクオリティ&満足度ってすごくね?
もうこれは阿吽さんで何喰っても美味い、ってことですわ。






っていう先々週の良いんだか悪いんだかの状況もありつつ、
夏季限定ものへの想いもあり、その後の平日に2度ほどリベンジを決行。
早めに仕事が上がった夜に、得意先からあるいは銀座から電車に飛び込み、湯島へ。
んがしかし、その都度「スープ切れ」のため閉店
わー・・・・すでに20時を過ぎると基本、アウトなんですね阿吽さん。。







ならばやはり勝負は週末でしょうということで、
統合参謀本部長とともに、何度目かのリベンジです。

またもややってまいりました土曜の夜。
微妙なアディショナルタイムに突入しつつある時間帯。
途中上野の『夏祭りパレード』の人ごみに行く手を阻まれたことが勝負のあやとなるか?

19時過ぎ到着。
外堀通りにターンすると前方に見える、煌々と明かりの灯る阿吽さんの看板。
1957年にリンドバーグが遠く漆黒の闇の先にパリの街の灯を見た時は、こんな気持ちだったか。
滑り込みセーーーーフっ!
前客は2名。
油そばは期間終了のようですね。
やた!新たな夏季限定もの、残ってるようです。

棒々鶏涼麺(夏季限定) 900円 也
棒々鶏

見ためも涼やかな佇まい。非常に上品ですね。
夏の夜、うちわ片手に縁側で夕涼みをしている凛とした浴衣未亡人のような。
(なぜ未亡人かは思考回路不明)

具材は蒸し鶏キュウリナッツ刻み葱。またレモンを絞って清涼感をプラス。
これを聖地・阿吽礼拝の儀式『器の底から丁寧に混ぜ混ぜ』をします。
棒棒麺
麺は平打ちの中太麺。
非常にコシがあり、冷水で〆ていることもあって、絶妙な湯で加減歯ごたえな仕上がりになっております。
この麺に馴染ませる少量の汁は、黒胡麻ベース
おいらの携帯のカメラだとうまく再現してませんが、本当はもっと真っ黒な感じです。
黒胡麻
黒胡麻の濃厚な香りに、ごく少量の阿吽さんの奥深い辣油のピリ辛花椒のエッジ
非常に上品ではありますが、各素材のポテンシャルを損なうことなしに、それぞれの個性が共存しております。
こんな上品にまとまるかね、しかし。
蒸し鶏
具材の主役である蒸し鶏
非常に柔らかな仕上がり。棒々鶏特有のちょっと甘いゴマダレがひとかけしてあり、
このゴマダレにベースの黒胡麻汁が混ざり合って、なんとも絶妙な味わいとなっております。

から
またまたZUVOBAと一気に完食、ご馳走さまでした。。。


店内のPOPを見ますと、この後第2弾、第3弾もあるようですので、
みなさんも夏の夜の一服の清涼剤として、
阿吽さんの「夏季限定・冷やし」もの、ご堪能くださいまし。。


もう大満足の、、
8.75点!





あ、蛇足ですが、
お隣の近所の常連さんご夫婦と思われる方と店主さんの会話で、
阿吽さんの辣油は来月あたりから、予約販売になっちゃうかも知れない的なことを言っておりました。
やはり人気なんですねー。
食べてる途中にも飛び込みのおばちゃんが、辣油だけさっと買ってっちゃってましたし。
予約になっちゃうとハードル高いなぁ。





★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
  キミもここで夏の夜の麺ラー夢巡り
 ↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村




それから券売機のこの表示、
券売機
お持ち帰り・・・用・・・・・・・だと・・?
き、気になる。。。




四川担担麺 阿吽 @湯島
住所:東京都文京区湯島3-25-11
営業時間:平日11:00~14:00 18:00~22:00
     土曜11:00~15:00 18:00~22:00
     日曜11:00~15:00 18:00~21:00
定休日:月曜日(スープの状況により臨時休業あり
関連記事
スポンサーサイト

レポーター: キバヤs

| 東京都文京区 | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menclubreport.blog78.fc2.com/tb.php/607-16438411

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT