麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

麺処 花田@池袋

んで? 大つけ麺博in浜松町第3弾の結果は?

・・ひとまず置いといて、記事UP滞りまくりん子なので先週末の分。

台風一過の青空とはならず朝から鈍曇りの日曜日、
外出ついでに池袋まで足を延ばすことに。

お気に入りの一店<鶏の穴>の限定狙いとも思いましたが、
久しぶりにモチベーションがあがった気がしたので、ここはひとつ新規開拓を・・
絶好の薄ら寒さも手伝いここは当然味噌で!

・・ということで、東口を出てサンシャイン通りへ。
通りを100m程歩いて右折しますと、お目当ての店が見つかりました。

麺処花田
店看板

こちらの店主は先日の大つけ麺博にも出店した野方の有名店で
味噌部門で常に上位にランキンされる<麺処花道>
修行をされたとのことで、ずっと前から気になっていた一店。

自称味噌マイスター的には胸高鳴る突撃取材。
店内の待ち客含めてざっと10人以上の列が出来てます。

麺処花道のブランド力もあるのでしょうが、大激戦区池袋でなかなかの盛況ぶり。
オープンから約半年経っておりますが人気が定着したということでしょうか。

寒さに震えながら待つこと40分程度でようやく入店し券売機で
味噌ラーメン790円 をポチ

さらに店内で10分程待ったところでようやく着席。
野菜マシは無料ということでもちろん「野菜マシ!」コール。
かの和尚が大好きだったJ郎に来た気分です。


店主の目の前、厨房丸見えの絶好のポジションです。
中華鍋にもやしをジャンジャン投入、軽く火が通ったところで
寸胴に入ったベーススープをジャージャーぶっかけます。
さらにはそのスープが煮立つ前に味噌を投入し、
スープが煮立ったところで茹であがった麺と絶妙なタイミングでドッキング。

全く無駄の無いその動き。店主、相当な実力者とみた。

ソヤツ着丼。野菜というかもやしの見事な盛っぷり

器全上

もやしとネギの野原を掻き分け麺を引きずりだしてZUVOBABA!

麺

三河屋製麺の加水率低めな中太麺。俺食堂「多賀野」のごまの辛いそば 
似ている食感でかなり好み。美味しい麺です。

スープをZUZUZUといきますと、ジャンルは確かに味噌なのでしょうが、
ベーススープはしっかりと主張のあるとんこつです。白濁スープの理由が分かりました。

チャーシューは箸で掴むと崩れてしまうくらいのトロトロ仕様。
こってりスープにこの組み合わせは少々しつこい。
チャシュ

白味噌×とんこつの組み合わせ、とんこつのしつこさや臭みを味噌でコーティング
しているからでしょうか。「旨み」よりも「甘み」が際立つ設計のようで。
卓上にある一味で味変を試みましたが、スープの土台を気づく「甘さ」はビクともしません。

一味


券売機のメニューに辛味噌がありました。
ナルホド。。
の差がはっきり出そうなこの2種類で充分かもしれません。

もやしの炒め加減やチャーシューの仕様など、改善点は多少ある気がしますが
近くにあったら間違いなく重宝する「味噌ラーメン屋」だと思います。


7.5点

修行先の<麺処 花道>がますます気になってきました。
是非年内に突撃したいものです。




・・・で? 大つけ麺博第3弾の結果わぁっ!? 






麺処 花田
住所 東京都豊島区東池袋1-23-8 東池袋ISKビル 電話番号 03-3988-5188
営業時間 平日:11:30〜15:50/17:00〜22:50、土曜:11:30〜22:20、日・祝:11:30〜21:50
定休日 月曜日
座席数 カウンター13席
喫煙 不可
最寄り駅 各線「池袋駅」
駐車場 なし
Webサイト http://cc-lab.jp/hanada/
関連記事
スポンサーサイト

レポーター: 部長

| 東京都豊島区 | 22:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ナイス記事!

| | 2010/11/10 19:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://menclubreport.blog78.fc2.com/tb.php/646-0b6567aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT