麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蜂屋 神楽坂店@神楽坂(飯田橋)

8/8(日)フジテレビの日。
img_header_logo.gif


昔、実家近くにフジテレビがあり、夏休みのこの日、朝のオープニングの花火音を聞いた時からいつもお祭り気分で心ウキウキ
友人や家族とフジテレビ本社に足を運んで、出店や出し物を楽しんでいた幼少時代が思い出されます

そんな若かりし日から気付けばちょうど20数年経ちました
ああ懐かしき日々


そんな8/8の前日土曜日は昼から
友人のライブ鑑賞、有楽町駅上でダーツ、六本木のビアガーデンなんぞを経て終電まで飲み、
DVC00969.jpg
DVC00991.jpg
DVC00999.jpg

そのまま手ぶらで(正確には、3ヶ月前からハマって大人買いしたワンピースの最新59巻だけを持って)
千葉の友人Sの地元八千代台へ電車でGO!
乗換で寝過ごしうっかり終電を逃し、タクシー経由で八千代台についたのはAM2時前
30分仮眠をとり、AM3時に友人Iちゃんにピックアップしてもらい4人で茨城の海へ出発しました。
波のコンディションはいまいち、されど朝日が差し込んだ素敵な風景です。
DVC00001_20100810143114.jpg
DVC01000.jpg

海水は相変わらず激冷!激寒!
足を海水に入れてしばらく、足がしびれています。
この日はノリで手ぶらで海に向かい、道具一式を友人Sに借りたため(サンキュ!)
ヤツの冬用のウェットを着たのですが、正直ちょうどよかった。
おかしいね!この水温!

これまでの夏に無い冷たさ、先週の千葉北を更に上回る冷たさです。
南風の影響と言われていますが、いわゆるラニーニャ現象でしょうか。
海に来るたびに地球環境の変化を強く感じます

持病となりつつある腰の痛みと闘いながら2時間強。
混んできたところで海を上がり
着換えながら海を眺めます。

DVC00002_20100810143122.jpg

夏には海水浴場になるこのポイント茨城県京知釜海岸には、
サーファーはあふれていますが、
海水の冷たさからか?海水浴客はまだまばらでした
(といっても、海から上がった時間も朝9時前だからかな?)。

海を眺めていると、ワンボックスカーが一台、
果敢にも(間違えて)駐車道を逸れて砂浜に突き進んで行くではないですか!!
DVC00004_20100810143140.jpg

でもって、10mくらい進んですぐに停車。。
DVC00003_20100810143132.jpg

男女若者3人がかりでアクセルとともに、一生懸命押していましたが動くはずもなく。
結局、予想通り前輪を砂に取られてThe ENDです。

そんな若者男女3人組、かなり凹んで途方にくれると思いきや、、、車をそのままに
さっそく水着に着替えて浮き輪を持ち、笑顔で海に向かって行くじゃないですか~
なんと前向きっ!!

といっても、海水に足をつけた瞬間にあまりの冷たさで、
すぐにビーチに戻って来てましたけどね(笑)
結局少しするとJAFが来て救出作戦準備開始。

前向きな彼らにとっては、貴重な夏の思い出になるでしょうね!(JAF代が高そですが。。)
ボクもこの前向きさは見習わなければ。と思った夏の日ぃ~♪


さてさて、そんなこんなで海に別れを告げ
茨城~東関東道を帰路につきます。
気付けばちょうど9時半
急いでナビをTVに切り替えます。
30過ぎたおっさん4名、真剣にワンピース鑑賞しながら(運転手は音を聞きながら)、
真剣に
「誰が一番強いと思う?」
「仏のセンゴクだろ~」「ドン・フラミンゴじゃね?!」「赤犬はやばい!」

と大盛り上がり!

ふと、気付く。

8/8のフジテレビ祭りを毎年楽しみにしていたあの頃と変わらないウキウキ感
あの頃と何にも変わってねー!オレ!
この会話、たぶん町の小学生と変わらねー!


あの若かりし頃のフジテレビの日からちょうど20数年経ちました
僕らはいつまでも少年のココロを忘れません!


===============================

さて(だいぶ前段が長くなりましたが)、無事Iちゃんに八千代まで送ってもらい
電車で眠りながら飯田橋着
ちょうどお昼時だったので、向かったお店はこちら、

蜂屋@神楽坂(飯田橋)
DVC00018.jpg
DVC00017.jpg

飯田橋駅B3出口(神楽坂入り口)を出て目の前にあるお店。
DVC00019_20100810144007.jpg

昭和22年に寒い寒い北海道旭川に誕生したお店の東京支店です。
ラ博で食した以来です。

階段を上り暖簾をくぐり、さっそく食券機で
DVC00005_20100810143148.jpg

しょうゆ(味玉入り)850円
を購入。

20名くらい座れる横長のカウンター奥に座ります。
お店には5名程度のお客さん。
日曜日ということもあり空いていました。

席に着くと、
お食事券をもらいました。
DVC00006_20100810144319.jpg
次回250円の金券として使用できるそうです。

復刻ラーメン古(いにしえ)の話やトッピングメニューなどを見ながら
DVC00007_20100810144412.jpg
DVC00008_20100810144419.jpg

待つこと5~10分程度。
来ました~

DVC00009_20100810144427.jpg

うわぉ!
なんか懐かしい感じ!(覚えてないけど)
うまそやな~

お箸は店名印字入りです。
DVC00010_20100810144434.jpg

割り箸ほどではありませんが、つるつるしにくい木製箸です。

ではさっそく
いただきますか、と。

スープをいただきます。
DVC00011_20100810144441.jpg


寒い北海道代表ということもあり
熱が冷めぬようにラードがたっぷり

ひとくち。
ふわぁ~と焦がし醤油の風味がいっぱいに口のなかに拡がります
あ~
この味、懐かしい~

ラ博でいただいたのもたぶん10年ほど前ですが、
あの頃の味が一瞬で甦りました
ちょうど20年前の「フジテレビの日」の気持ちを思い出すように

このちょっぴり苦い焦がし風味の味は忘れませんね。
ラードとともにアツアツのスープの味が舌にいつまでも残ります。

続きまして
普通の太さの縮れ麺、いわゆる王道の麺をいただきます。
DVC00012.jpg

ZUVOVAVAVAVAVAVAVAVAVA~

うん!
なにか新しさは感じませんが、
麺のちぢれにスープの味を適度に引き上げ
口まで運ばれます。
おいしいですねー

チャーシューは
昔ながらの中華そば屋のチャーシュー
たっぷり3枚も載っています。
DVC00013.jpg

ちょっと硬めで個人的な好みとは違いますが
これまた懐かしい感じ。

味玉は・・・
DVC00014.jpg

半熟で、そのままでもスープにひたしても
おいしくいただけました。
DVC00015.jpg

そのまま完食!
DVC00016.jpg

少し濃いめの味付けなので(海上がりでもそう感じたので普段は結構濃いのかも)
スープは残しましたが、
おいしくいただけました!

7.5点

近所ですし、またお邪魔したいお店です。

その後帰って爆睡

気付けば日曜日も終わろうとしていましたよ、と。

★あなたもあの頃の気持ちを思い出しましょう!
 他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
 クリックお願いします。
 横綱もはしゃいでます♪
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村



蜂屋 神楽坂店
東京都新宿区神楽坂1丁目10
03-3268-3007
JR・地下鉄「飯田橋駅」B3出口正面
営業時間
平日11:00~23:00(L.O.22:30)
土日11:00~20:30(L.O.20:00)
定休日 無休(年末年始を除く)

レポーター: マァフィ

| 東京都新宿区 | 14:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神楽坂 麺Style ABC(新店)@神楽坂

こちらも5月に行ったお店。
(なかなかアップ出来ずにすみません・・・)

ある日曜日。

銀座の「常陸屋」「銀座ラーメン」に続き
同じく5月にニューオープンしたお店です。

近所に出来た
神楽坂 麺Style ABC
DVC00711.jpg

銀座ABCラーメンの系列店です。

同じく近所に住む後輩バードからのリクエストがあったので
行ってまいりました~

神楽坂の駅を早稲田方面に向かって歩くと発見できます。
有楽町線江戸川橋駅からも徒歩圏内。

ここはラーメン屋というよりも
おしゃれ居酒屋ですね。

ラーメン以外のメニューも充実しています。
DVC00714.jpg
DVC00715.jpg

行ったのが夜だったので、
アサヒ熟撰の中生を頼み
まずはお通し(300円)が出てきました。


それは・・・

バーニャカウダ!!
DVC00718.jpg

数週間前に初めて鴨川の海の先輩宅で食し
酒のつまみとして、衝撃のうまさを知ってしまった
この食い物。

いただくとやっぱりウマイ!!

通常のアンチョビ味とはちょっと異なりますが、
これはこれでウマイっ!

やりおる!!

ビールとの相性抜群!!
DVC00717.jpg

DVC00724.jpg

あっという間に食べ終えてしまいました。


で、後からサッカー観戦するために、
サッカー好きの友人を待っていたんですが、
なかなか来なかったので、ラーメンを頼むことに。

メニューは2品。
DVC00712.jpg

どちらにしようか迷ったあげく

特製ゴマ味噌ダレ つけ麺 800円

を注文。

夜は他のお食事の締めで食べていただいているので、
麺の量が少ない、ということ。
プラス100円で大盛(というか普通盛り)に出来るそうです

しかしながら、これから友人が来て
他にも注文をしそうだったので、プラス100円せずに
そのままでお願いしました。

メニューやメッセージなどを眺めながら
DVC00716.jpg


待つこと10分程度。

きました!!

DVC00719.jpg


うひょーうまそ♪

量は少ないですが、
それがまたお上品だこと。

さっそくもっちりした太麺を持ち上げ
DVC00720.jpg

どろっとした胡麻味噌つけ麺につけて、、、
DVC00721.jpg



いただきまーす!

ZUVOVAVAVAVAVAVAVAVA~

ぬっ、ぬおっ


うま~い♪


麺とスープがめちゃめちゃ絡んで
ボクが大好きな味です。

スープの深みとか秘伝の味は何?みたいなものは
よく分かりませんでしたが、
とにかく、辛味噌と胡麻のバランスがとてもよい。
麺はちょいカタもちもちで喉ごしもよくうまいです。

まろやかな胡麻多めの担々麺をつけ麺にした感じ?

クリーミー&ちょい辛&ちょいカタもちもち麺

最高じゃないっすか!

あっという間に完食!
スープ割りもおいしくいただきました!
DVC00723.jpg


でも、確かに少なすぎぃ~

しかしうまかった!

8.5点

もう少し気軽に食べられればね。

ちなみに、溶岩石で焼く餃子もおいしかったですよ~

ま、値段は高めですが、
デートやら何やらで今後も使いたいお店です♪
ABCラーメンをいただいて、恋愛のABCもいただいて、と。


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


この後、サッカー好きの友人3人と合流し、
キリンカップか交流戦か何かの日本戦を観戦し、
なぜか護国寺(お寺)に行き、
もう一軒居酒屋に行って
またもや午前様でした~
痛た。。。


神楽坂 麺Style ABC
東京都新宿区天神町3-5天神ビル1F
03-3235-7550
ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)
ディナー17:00~00:00(L.O.23:00)

レポーター: マァフィ

| 東京都新宿区 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蒙古タンメン中本 新宿店@新宿

この日は天気のいい土曜日。
新宿に用事があり相方と向かう。
用事を澄ますとすでに15時過ぎ。
朝から何も口にしてなかった小生は、相方にラーメンランチをねだります。
無事にGOサインを頂きます。

そしてさっそく店舗検索。
15時過ぎだと選択肢は通し営業のお店に限られます。
お腹が空きすぎてますので探したり歩いたりはしたくなく小滝橋通りへ。
相方も一緒なので久しぶりに武蔵でも行こうかな、と考えていたんですが
がっつり食べたい衝動とともにチャレンジ精神が湧いてきました。

蒙古タンメン中本 新宿店@新宿

店の前に着くとこの時間なのに並びが。
しかも女性三人組とかが普通に並んどります。
辛いもん好きの女性の多さに驚かされます。
相方とともに蒙古タンメン普通をオーダー。

斜めの女性は北極食っております。見てるだけで唇痛くなってきます。
どんな色のスープだ。


待つこと数分…
キマシタ
蒙古タンメン


辛そうな餡がのっとります。
スープを啜ると…
うん、旨いじゃないっすか
辛さも程よく、旨みもしっかり出ておりなかなかです。
麺はわしわし感ある太麺。
餡とスープに絡めむしゃむしゃかっくらいます。
すると、中盤以降辛さのせいか味が逆にぼやけてきました。
またそれとともに野菜の食感が気になり出しました。
パサパサ感というか、野菜の芯だけ食べさせられるというか…
うーん、残念。

6.5点


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


住所 東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビルB1F
電話番号 03-3363-3321
営業時間 10:00〜24:00 金・土〜翌2:00
定休日 なし
座席数 カウンター18席
喫煙 不可(新宿区内全域路上喫煙禁止)
最寄り駅 JR・西武新宿線「西武新宿駅」
駐車場 なし
Webサイト http://www.moukotanmen-nakamoto.com/



レポーター: 横綱

| 東京都新宿区 | 20:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麺創房 玄@新宿

土曜日のこの日、相方は習い事で午後不在。
小生は実家に戻りがてら新宿で下車し昼飯をということで麺屋を探す。
ずっと気になっていたお店へ。

麺創房 玄@新宿

あの田中玄さんが手掛けるお店として昨年オープン。
小生、玄さんが手掛けるお店としては 日比谷のこちら しか伺ってません。

しかし最近は中々行けてませんが、 しろ八@新宿御苑前の店主さんが玄さんのもとで修行を積んでいたとの情報からかなりの期待度で向かいました。

昼過ぎ頃に到着。
店内、先客五名ほど。
食券機で玄麺大盛+味玉を購入。
店内の壁にはラーメンで使用されている素材の紹介がでかでかと掲げられています。
そちらを読みながら待つこと数分…
キマシタ
201002131252000.jpg


天然素材を活かすというコンセプトのもと非常に上品なビジュアルです。
スープを啜ると醤油の旨味が感じます。
色の割にはさっぱり感じます。麺は中細麺。
スープに馴染み美味しく頂けます。湯で具合もいい感じです。
トッピングも豊富で色々な食感、味が楽しめます。
ただ駄舌の小生には上品すぎです。
あっさり食い終わりひとつひとつの素材の素晴らしさはわからなかったです。
何か醤油スープが酸っぱい感じもしましたし…
まぁ食べるコンディションにもよるんだと思いますが。
6点

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-11(B1)
電話番号 03-3225-0253
営業時間 11:00〜スープ終了まで
定休日
座席数 15
喫煙 不明
最寄り駅 JR「新宿駅」
駐車場 不明
Webサイト http://www.genizm.com/index.html



レポーター: 横綱

| 東京都新宿区 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

麺武虎龍@新宿

麺部のエース和尚が3月15日をもって退社(涙、涙)

しかしながら和尚地元の優良企業への栄転です
おめでとー♪♪


ということで・・・
少し前になりますが、
麺部送別会を開催ー!!

この日は、
これまで麺部の部会では一度も訪れていない大都会新宿へGO!
ボクを除くメンバーは20時目処に新宿三丁目の居酒屋に集合~

ボクはちょうどバタバタシーズンだったこともあり
何とか22時に会社を出て新宿へ桃色吐息でダッシュです!

着くと、
送別会と言っても、至って普通にいつもと変わらぬ感じで
一番後輩の和尚がみんなの焼酎セットを作りながら、
横綱中心にほろ酔いタイムが流れておりました。

ボクがビアジョッキを一杯いただき、
焼酎ボトルがちょうどなくなったところで、
店を出ます
入り口付近にいた隣街専門のおじ様3人組に
ウインクを送られながらも、目をそらしつつ
せっかくなので歌舞伎町方面へ歩を進めます

そろそろメンラータイムかなと思いながら
向かったのは、部長ごひいきのお店
笑顔で入ったお店は、居酒屋甘太郎。
こちらのお店では
それぞれの部員が食したスープの自慢大会。
部長のご意見をいただきながら、ワイガヤ。
しばらくするといつもの感じに。
横綱モデレーターのもと、
和尚の東京ライフや恋模様を振り返りながら
グダグダ飲みが続きます

(Viva!マンマミーヤ!)


既に終電もなくなり、
そろそろメンラー行きますか
、と向かった先がこちら!

『麺武・虎龍』
DVC00242.jpg

麺部(めんぶ)の送別会ということで、
麺武(めんぶ)を選びました!!


歌舞伎町・新宿区役所の裏に位置するこちらは
眠らない街新宿で、朝4時まで老若男女の腹を満たしていると聞きます。

店を覗くと、運良く
カウンターに6人が並んで座れます
ラッキー♪

純連(すみれ)系列の「咲弥」というお店のFC姉妹店ということで、
皆で期待しながら食券を購入します。

それぞれ自分の好みのラーメンを購入。
ボクは、
味噌つけ麺850円+名物味玉100円

ちなみに、極豚らーめん(なんと!)2000円は食券は売り切れでした。

DVC00243.jpg

ま、あっても買わないけど。


店内に入ると、目の前のつけ麺の神 山岸氏 の「参った」に期待が更に高まります。

DVC00244.jpg


カウンターに並ぶラーメン雑誌を眺めながら、
みんなでうだうだ麺談義をしながら待つこと10分程度。


まずはボクのつけ麺用スープがきました~!

DVC00246.jpg

うひょーうまそ~♪

みそ味ですが魚粉(かつお)、桜海老粉がのっております
結構どろどろ系です。

スープを一口
・・・
うん、うまいうまい!

みそ味と魚介味が見事に融合しています!

和尚にも一口あげると
・・・
「うわっ、豚汁だ、これ」と一言。

えっ!

あ、ああ確かに・・・
味噌スープに魚介ダシをあわせるってのは
豚汁の味ですわな

粘度のある豚汁って感じです。


続いて麺が来ました!

DVC00247_20100318201212.jpg


中太ちぢれ麺です。

さっそくスープを絡め

DVC00248_20100318201239.jpg


ZUVOVAAAAAAAAAAAAAAA~

スープがよく絡んでうま~い!

初めてのみそつけ麺ですが
うまいモンですね~

腹減りすぎってこともあり
むしゃむしゃ行ってしまいました

あっという間に麺を食べ尽くし、
少し残った麺に入れるはスープ割り

DVC00249_20100318201316.jpg


スープ割りはPOTです。
ちと、愛がありませんね。。
熱々じゃないし・・・

スープをいただくと
・・・
おっと、
粘度がなくなり完全な豚汁になっちゃいました(笑)
ま、そりゃ豚汁はうまいから
ぐいっと飲み干し完食!!

DVC00250_20100318201342.jpg


ごちそう様でした~

ということで、
ボクの評価は・・・

8点

いやいや、
うまかったよ。
かなり腹減ってたし。


みんなの反応は、6人6色
>みんな
フォローよろしくね~

お店を出て、帰ろうか?どこに行こうか?などと話ながらプラプラ。
サラリーマン6人が深夜の繁華街を歩いていると、
かな~り、キャッチの皆さんに声掛けられます。

途中、新宿歌舞伎町の『博多天神』がなくなっていることに気付き、
寂しい気分になります。
新宿が地元のボクは、同じ地元の友人と学生時代
毎日のように通い、量を競っていました。
記録は替え玉6玉
2人で、握手をしながら、もうやめるか、とうなずいた日々が
思いだされます。


さてさて、歌舞伎町を歩く僕等
すでに深夜3時をまわり、麺部の中にも眠気がただよっています。
タクシーで帰る選択肢はありつつも、もったいないという気持ちと
和尚の送別会ということで、なかなか帰ろうとしません
ボクもここで、翌朝の海をあきらめ、じっくり飲むことに決めました。

満腹で、今更お姉ちゃんのお店に行ってもしょーがないので、
結局向かった先は・・・

「笑笑」。。。

入るやいなや、乾杯だけをして、
爆睡する部長

結局、過去の武勇伝や失敗談という、
みんな何度~も聞いてる話でちょっとだけ盛り上がり、
始発が動き出したので、終焉~~~。

お疲れさんでしたー!!
(その後、ボクがゴールデン街3軒はしごしたことは
 あまり知られていない・・・)

ということで、
和尚送別会篇終了!



終業後の無二の麺友がいなくなるのは残念だが、
九州に戻っても和尚は麺部エースじゃっ

西の横綱として、
自宅(寮)麺も含め今後も頻繁な更新を期待しとるぜぃ!!

早めに落ち着いてもらって
麺部九州ツアーを企画してけれ。
See YA!


byマァフィ


p.s.中州ですれ違った知らない人とか若い同僚に舐められても
  怒っちゃだめだよっ

〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆
細マッチョ記事分


週末の夜!

部会の召集令状が届いています。

麺部のITboyとして中途入部して以降、「麺部通信」の創設、
記事や写真の公開基準作成、部員最多レポート掲載などなど、
多岐に渡る活躍を続ける和尚が、活動拠点を遥か西に移すことになりました。

「俺たちを見捨てるのか?」という言葉を
何度も飲み込みつつ、細マツは今日も部活地区の新宿に一番乗りです。

8時過ぎに、新宿三丁目付近の居酒屋にて、「和尚祭り」について作戦会議が始まりました。

王様になった和尚の興奮は凄まじく、下々と化した部員に次々と要求を出してきます。
遅れていたマーフィーが到着した頃には和尚の王様陳情も粗方進み、
今宵は大いに麺活で盛り上がる方向となりました。

歌舞伎町方面に活動候補のお店があるということで、
部員6人で連れ立って向かいます。

道中「ノンスタイル」のナルっぽい方(名前思い出せません)とすれ違いました。
すれ違い様の流し目がナル入ってました。

「吉本の養成所が近かったか」「まったくオーラねえな」など
しゃべくりするうちにまた次のお店に入り、部員は大分出来上がってきます。麺はまだお預けです。

日頃溜まったストレスなどを発散しながら、和尚との時間を楽しみます。
この時点で、終電終了~。スッキリと諦めて朝までコース。

西の王を目指す和尚に、麺部九州合宿プランを提示するなど、
麺部の絆を確かめた頃、小腹も空いてきて準備O.K.!

3時位になったでしょうか。
深夜営業をしている今回のお目当て店をようやく目指します。

「大分酔ったリーマン6人」というカモを目の当たりにした
歌舞伎町の呼び込みがハイエナのように群がりますが、完全スルーして現地到着。

ブラック基調な外観でカフェっぽいですね。
こちらは最近メディアなんかで登場する話題のお店。さてどんなもんか…?

細マツの担当は

辛味噌(850円)

ということで、店外設置の券売機をポチっとして入店。
他の部員も続々購入して麺を待ちます。

店内はさほど広くないですが小綺麗な内装で、
歌舞伎町で遊んだ若者や深夜まで働く女性なんかも利用しやすそうですが、
店に着くまで柄が良くないので土地勘ない人は気軽に来づらいかな。

ビール飲んでまつこと数分、麺ラー登場!

20100306024756.jpg


幾何学的な盛り付けで、好きなビジュアルです。
さっそくスープを一口。

ほうほう。

ゲンコツ・鶏ガラほかと合わせたスープは、予想に反して口当たりはサラっとしています。
純すみ系と聞いていたので表面にラードの幕をイメージしていましたが、
この辛味噌は違うみたい。スープに熱さを閉じ込めた感はありません。

またこの辛さは、すっぱしょっぱ辛いというか、
和風ダシみたいな風味がするタイプです。

麺はどうかなってことでZUVOBABABA!

20100306024851.jpg

お、こりゃなかなか。

中細縮れの麺はかなり黄色がかっていて、縮れのコシも強いです。
昆布くらいに歯ごたえがありますね、嫌いじゃないです。
スープに合うな。

続いて肉は…
20100306024923.jpg

札幌「咲弥」を立ち上げた店主が作る石上極豚のチャーシューは、確かにフワトロでジューシー。
かなりの旨味。
2000円もするチャーシュー麺もあるようですが、肉好きにはたまらんでしょう。
さらに、サイコロ状のチャーシューも入ってます。

20100306024909.jpg

こちらも柔らかく美味しい
サイコロチャーシューって、変に別の味付けをするお店あるけど、こちらは薄切りのチャーシューと一体感があってベターマッチ。
メンマは歯ごたえは良いけど味付けはやや甘かな。

20100306025137.jpg

ごちそうさまでした。

まとまってるなという一杯です。
個人的には麺の旨さが印象に残りました。
「札幌味噌」というところでは辛スープは味噌らしさが物足りない気がします。

部員からは生姜の香りがしてきますが、それは各部員をご参照あれ。

部活で食べた楽しさを加味して7点!

和尚よ、取りあえずご苦労さん。
これからは西の横綱として、益々精進してくれ!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

麺武虎龍
東京都新宿区歌舞伎町1-8-5
03-3202-3996
営業時間 11:00~29:00
 月曜祝日の際は火曜日定休日
 定休日 日曜日

レポーター: 和尚 横綱 細マッチョ マァフィ 部長 キバヤs

| 東京都新宿区 | 20:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT