麺部通信

有名店はもちろん聞いたこともないブレイク前の店に飛び込んでいち早く評価の風穴をあける。時には市販麺にまで。 停滞するラーメン業界に新たな地平を切り開く。 街角の名もないあの店は、息をひそめて我々に発見されるのを待っているのだ。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

阿吽@湯島

こんち。

さて、
開き直ったかのようにすっかり肌寒なった今日この頃。
こんな季節は、
心が温まる『人肌』と、身体を温める『辛いもの』が妙に恋しくなるもので。

ちょいと早めの仕事上がり、
ちょうど統合参謀本部長もお帰りだということで、時間を合わせて湯島方面へ。

いやはや随分とご無沙汰です、
阿吽@湯島
20111116195227.jpg
何ヶ月ぶりかしらん?

19時過ぎ着。席はいっぱい、待ち2名。
店主さまは相変わらず日本全国を飛び回っているようです。


噂の『麻婆豆腐』を食べてみたいと思っていたものの、ランプなし。
平日夜で売り切れなのか、そもそも既に給してないのか分かりませんが・・残念!
でも阿吽の素晴らしさは、言わば『抑えのエース』が160kmオーバーの本格豪腕速球派だってこと!

何の憂いもなく、いつもの
つゆ無し坦坦麺四辣(800円) をポチ。
20111116193822.jpg
久々に見ましたが、いい

乙女の柔肌を愛撫するかのように、器の底から繊細に混ぜ混ぜ。
20111116193919.jpg
胡麻ペーストと辣油、花山椒を身に纏い、艶やかに色づくモチ肌の麺。

ZUVOVAブフォ!っとあまりの美味さと山椒に咽び泣きなら一挙に完食でございます。。


変わらぬ美味しさ、
・・・・9.5点!





★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
  麺ラーのいい情報はこちら!
 ↓ クリックお願いします ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村




四川担担麺 阿吽 @湯島
住所:東京都文京区湯島3-25-11
営業時間:平日11:00~14:00 18:00~22:00
     土曜11:00~15:00 18:00~22:00
     日曜11:00~15:00 18:00~21:00
定休日:月曜日(スープの状況により臨時休業あり

レポーター: キバヤs

スポンサーサイト

| 東京都文京区 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿吽@湯島

例年思いますが、いやしかし全っ然!年の瀬な感じがありませんな。
年末感ゼロ
歳を重ねるごとに、ますます季節感を喪失しております。
いかんいかん。



・・・ところで、我が麺通、直近の更新がなんと12/2
こりゃドイヒー。。


ってことで連夜の深いふか~い忘年会地獄から解放された29日の昨夜、
我が家の『大掃除大作戦・第一弾』の間隙を縫って、
食べ納めにやってまいりました、
結構お久しぶりです、

阿吽@湯島
店舗

2010年最後を飾る麺ラーは、ここしかあるまいて。


18時過ぎ到着。
ちょうどぴったり満席。後客は6名。
あ、年末年始はお昼だけの営業のようですよ。
みなさんお気をつけくださいませ。


もちろん、
つゆ無し坦坦麺(四辣(800円)
麺ラー
今年を総括するに相応しい、実に美味しそう♪なお姿。

ラー油
辣油の透き通った泉。山里の段々畑に咲き乱れる山桜ような花山椒
なるほど、阿吽のつゆ無し坦坦麺さんは郷愁を誘う日本の原風景なのですね。
『神様仏様店主様、今年も美味しい麺をありがとうございました』
と心の中で年末も一人で切り盛りするイケメン店主さんに二礼二拍手一礼

そして神聖なる儀式『器の底から丁寧に混ぜ混ぜ』
煩悩の数だけ108回赤い聖辣をもちもちの麺と絡めます。
そうか、これは贖罪。赤い聖なる辣油を存分にまとった麺を、自らの内に取り込む
ことによって、ずっと先に救済された自分を発見できるのかも知れない。アーメン

麺
実に美味しいです。。。(ToT)
もうこれ以上、特に言うべき言葉が見つかりません。


9.75点!!



本当に久しぶりに食べた四辣花山椒は、
2010年を象徴するようにピリリとおいらの心を戒めてくれました。合掌

2011年も、美味しい麺ラーをたくさん頂けますように。。



★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
  2011年の麺ラー情報ももちろんココ!
 ↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村



それではみなさん、
良いお年を・・・・・!




四川担担麺 阿吽 @湯島
住所:東京都文京区湯島3-25-11
営業時間:平日11:00~14:00 18:00~22:00
     土曜11:00~15:00 18:00~22:00
     日曜11:00~15:00 18:00~21:00
定休日:月曜日(スープの状況により臨時休業あり

レポーター: キバヤs

| 東京都文京区 | 17:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ@湯島

週末。
夕方から統合参謀本部長はお出かけ。
夕飯どーすっかなーってことで、チャリンコに跨り湯島の阿吽までれっつら発進!
春日通りの人を掻き分け掻き分け進むと、右手に神々しく輝くにぎやかなお店が。
いつもここを通ると、外に待ちの客が5,6名。本日は何故かうまい具合に待ちはないようです。。


・・
・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・ふぇーどいぃぃぃん!
というわけで、急遽、

魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ@湯島
店舗

頭の中は阿吽さんの汁なしでいっぱいだったんだけど、
生姜焼きいい匂いにヤラレてこっち入っちゃった。てへ。

先日の大つけ麺博でも頂いてますので、
今回は実店舗、ということで。

お店に入りますと、メガネッ娘を含むかわいらしいうら若き女の子店員さんがお出迎え。
「お帰りなさいませ、ご主人さま~とは言われませんが、
一瞬想定外の光景にキョドる。なんだろ、このコンセプトは。土地柄か?
思いっきし動揺しちゃったよ、おぢちゃんは。

使い方にちょいと迷う珍しいタッチパネル式の券売機で、
肉盛りつけ麺 (780円)
と、味玉(100円)、ご飯(100円)をポチ。
カウンターの一番奥に着席。

若い女の子店員さん3名、厨房担当の若いイケメン男子店員さん2名で切り盛りしてますが、
みなさん大変に元気のいい接客です。
後客もひっきりなし。その中においら同様、想定外の光景に一瞬キョドる一人客を確認。
うむ。動揺したのはおいらだけじゃなかった。よし。OK!

カウンターには肉盛りそばの食べ方指南が。
食べ方
 『一.まずはそのまま!炒めた肉と麺とをよく混ぜて、一緒にほおばってください!』
 『二.つけ汁につけて!麺も肉もつけ汁にからめ、つけめんとして楽しむ!』
 
 とのこと。

  うむ。把握


箸

 ・・・・あ!お箸は、例のプラスチックのやつだ。
 これ食べにくいんだよな。。
 カウンター常設のお品書きに、
 「My 箸 持参の方は申し付けて頂ければ洗います」的なことも
 わざわざ書かれてますので、エコを考えた所以だとも思いますが。。
 ん~。。。



なんてことを思いつつ、およそ3分で到着~
肉盛りつけ麺 並(200g)+味玉
麺ラー
おー生姜焼き山盛りですね♪
豚のスライスがいい塩梅に甘辛い生姜ダレでぴかぴかコーティング。
また玉ねぎもタレを吸い込んでいい感じにしんなり
と、いるのかいないのか分からないくらい控えめに(笑)カイワレぱらり。

麺はこちら。
麺
カネジン食品さんの平打ちのピロピロ縮れ太麺。
表面積が大きいので、はむっと言う食感は素晴らしい。ゆで加減もちょうどいい感じ。

つけ汁はこちら。
つけダレ
醤油ベース酸味がかなり強いタイプです。
大つけ麺博の時は、かなり甘めがベースに強い酸味でねじ伏せた感じだと思いましたが、
イベント故のトライだったのか、その後の微調整なのか、甘みはややマイルドに。
より酸味が強くなっているようです(と思う)。元々生姜焼きのタレが甘辛いものですので、
こちらの設計の方がよりマッチしそうです。
メンマ
つけ汁の具材はシンプルにメンマとたくさんの刻み玉ねぎ
玉ねぎの辛味と甘み、またシャリシャリという食感がいい具合ですわ。

トッピングの味玉はこちら。
玉子
中央部分がゼリー状になってます。濃い目のつけ汁とよく合いますな。

まずは混ぜそばのように、麺の丼をグニグニしてズルリ。
大つけ麺博同様、美味しい生姜焼きの濃いうまダレを馴染ませるだけで、充分に美味しいっす。
これをグシャリと大づかみしてつけ汁にくぐらせズルリ。
持ち上げ
酸味のパンチが旨く生姜焼きの甘辛にアクセントを加えております。
美味しい!

・・・・あ、そうそう忘れちゃイカン。
美味しい生姜焼きにはホカホカの白飯でしょ?
というわけで、生姜焼きをトッピング。
ご飯
こりゃあ旨くないわけねーわ。
というか、これがあって初めて『肉盛りつけ麺』は完結する、と思うなぁ。。

スープ割りは、メガネッ娘さんがポットで持って来てくれます。
刻み玉ねぎスープ割り

卓上トッピングの刻み玉葱を大量投下
もともとかなり濃い目のつけ汁ですので、割りスープも出来る限り大量投入
これ飲めるかな・・・と若干ビビリつつ不安だったものの、意外や意外。
魚介が立って酸味が抑えられ、想像以上に飲みやすくマイルドな仕上がりに。
・・・・とは言え、完飲は出来なかったけど。。

ん~腹いっぱい
大変に美味しく頂きましたけれど、この濃い味ラッシュはアラフォーにはちとキツイ
帰りのチャリで軽い胃もたれに苛まれつつ・・・世の腹ペコ男子にはたまらない一品じゃないでしょうか。


6.75点!


上野界隈で朝5時までやっているのは大変に重宝しそうですが、
朝方これ喰ってたら多分おいらは・・・・
若者は大丈夫!!


★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
 ポチっとしてください、ご主人さま♪
  ↓ クリックお願いします ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ@湯島
住所:東京都文京区湯島3-42-4 紀文堂ビル1F
TEL:03-3831-3626
営業時間:11:00~15:00、18:00~朝5:00(日祝は23:00まで)
定休日:年中無休


レポーター: キバヤs

| 東京都文京区 | 07:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

阿吽@湯島

毎日暑いっすなぁ~

世の中的には夏好きの方が多いのでしょうが、
キバヤsは大の夏嫌いでございます。
「夏の良いところ」を具体的に5つ挙げてくれ。
たぶんそれ、全部「夏の嫌なところ」だから。




さて、
3週間弱越しのエントリ。
そんな夏を感じさせるもうすでに先々週のこと。
この日、統合参謀本部長の帰りは遅いことは事前に確定。
とかいう状況にも関わらず、麺通のみんなはおろか、そのほかの同僚&先輩も飲みに行ってくれない夏の夜。
に反して仕事の上がりはまぁまぁ早い。
さてどうするか?
・・・・ん、待てよ?この時間ならまだ阿吽に間に合うかも知れない。
加えて夏の限定メニュウも始まってるはず。


となりゃ行くしかないっしょ。
というわけで、、

阿吽@湯島
店舗
でござい。

店前のメニュウには、、
メニュウ

ありました!の限定もの『棒々鶏涼麺』。これよコレ。


券売機を確認。
・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?
券売機にボタン設置されておらず!
売り切れ表示でなく、ボタンそのものがなし!!(たぶん。。)
ぎゃふん
そうかまだ始まってなかったのか。
あ、でもまだ『油そば』のボタンはあるぞ。
んじゃ久々にコヤツをポチッ!・・・・・・・・ってこちらは既に「売り切れ」表示です。

わーん。
どこまで振られる日なのでしょう。
ならば次善策代替案として、、いつものつゆ無し坦坦、行っちゃいましょ!

とその前に、
あまりに振られ続けている男への同情として、おいらから一杯プレゼント。
ビール

アサヒ premium 熟撰 600円
で独りかんぱーい!

むはぁ~。。
うんまい!
細胞という細胞。毛細血管の隅々までルービーがじんわり浸透。
夏の夜にはキンキンに冷えたビールに限りますね。
(それに勝てるのは、夏のシャワー後のガリガリ君のみ)

そして締めくくり、

つゆ無し坦坦麺(四辣)800円
つゆ無し

混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。
ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。
つゆ無し麺

ZUVOBABABABABABA・・・・・ぶふぉ!・・・・・・BOVA!ZUVOBABABABA!

(本日2度めの)むはぁ~。。
言うこと無し、です。
9.5点!

時折、夏の暑いときに辛いカレーを無償に喰いたくなるもんですが、
暑いときに『辛い坦坦麺』ってのもオツなもんです。ガッツリ汗かけ、と。

でも新しい限定もの狙いで行って、その代替案である現行限定ものもなく、
言わばドラフト3位で指名したのが『つゆ無し坦坦麺』でこのクオリティ&満足度ってすごくね?
もうこれは阿吽さんで何喰っても美味い、ってことですわ。






っていう先々週の良いんだか悪いんだかの状況もありつつ、
夏季限定ものへの想いもあり、その後の平日に2度ほどリベンジを決行。
早めに仕事が上がった夜に、得意先からあるいは銀座から電車に飛び込み、湯島へ。
んがしかし、その都度「スープ切れ」のため閉店
わー・・・・すでに20時を過ぎると基本、アウトなんですね阿吽さん。。







ならばやはり勝負は週末でしょうということで、
統合参謀本部長とともに、何度目かのリベンジです。

またもややってまいりました土曜の夜。
微妙なアディショナルタイムに突入しつつある時間帯。
途中上野の『夏祭りパレード』の人ごみに行く手を阻まれたことが勝負のあやとなるか?

19時過ぎ到着。
外堀通りにターンすると前方に見える、煌々と明かりの灯る阿吽さんの看板。
1957年にリンドバーグが遠く漆黒の闇の先にパリの街の灯を見た時は、こんな気持ちだったか。
滑り込みセーーーーフっ!
前客は2名。
油そばは期間終了のようですね。
やた!新たな夏季限定もの、残ってるようです。

棒々鶏涼麺(夏季限定) 900円 也
棒々鶏

見ためも涼やかな佇まい。非常に上品ですね。
夏の夜、うちわ片手に縁側で夕涼みをしている凛とした浴衣未亡人のような。
(なぜ未亡人かは思考回路不明)

具材は蒸し鶏キュウリナッツ刻み葱。またレモンを絞って清涼感をプラス。
これを聖地・阿吽礼拝の儀式『器の底から丁寧に混ぜ混ぜ』をします。
棒棒麺
麺は平打ちの中太麺。
非常にコシがあり、冷水で〆ていることもあって、絶妙な湯で加減歯ごたえな仕上がりになっております。
この麺に馴染ませる少量の汁は、黒胡麻ベース
おいらの携帯のカメラだとうまく再現してませんが、本当はもっと真っ黒な感じです。
黒胡麻
黒胡麻の濃厚な香りに、ごく少量の阿吽さんの奥深い辣油のピリ辛花椒のエッジ
非常に上品ではありますが、各素材のポテンシャルを損なうことなしに、それぞれの個性が共存しております。
こんな上品にまとまるかね、しかし。
蒸し鶏
具材の主役である蒸し鶏
非常に柔らかな仕上がり。棒々鶏特有のちょっと甘いゴマダレがひとかけしてあり、
このゴマダレにベースの黒胡麻汁が混ざり合って、なんとも絶妙な味わいとなっております。

から
またまたZUVOBAと一気に完食、ご馳走さまでした。。。


店内のPOPを見ますと、この後第2弾、第3弾もあるようですので、
みなさんも夏の夜の一服の清涼剤として、
阿吽さんの「夏季限定・冷やし」もの、ご堪能くださいまし。。


もう大満足の、、
8.75点!





あ、蛇足ですが、
お隣の近所の常連さんご夫婦と思われる方と店主さんの会話で、
阿吽さんの辣油は来月あたりから、予約販売になっちゃうかも知れない的なことを言っておりました。
やはり人気なんですねー。
食べてる途中にも飛び込みのおばちゃんが、辣油だけさっと買ってっちゃってましたし。
予約になっちゃうとハードル高いなぁ。





★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!!
  キミもここで夏の夜の麺ラー夢巡り
 ↓クリックお願いします↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村




それから券売機のこの表示、
券売機
お持ち帰り・・・用・・・・・・・だと・・?
き、気になる。。。




四川担担麺 阿吽 @湯島
住所:東京都文京区湯島3-25-11
営業時間:平日11:00~14:00 18:00~22:00
     土曜11:00~15:00 18:00~22:00
     日曜11:00~15:00 18:00~21:00
定休日:月曜日(スープの状況により臨時休業あり

レポーター: キバヤs

| 東京都文京区 | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天神下 大喜@湯島

この日は昼過ぎに人形町にて打ち合わせ、その後湯島方面に行かなきゃならずその間にランチ。
阿吽で油そばを食べたかったんですがもう2時を回っていました。

でもこの周辺は美味しいお店がいっぱい。
前回限定が売切だったこちらへ。
天神下 大喜@湯島

さすがにこの時間先客0。
券売機の前に行くと限定残ってました!
煮干とりそば(太手揉み麺)とランチタイムサービス50円の小ごはんを。

そういえば大喜さん、赤坂サカスでのイベントに出店するようです。

あっ麺部ではこのイベントにはさわらぬよう箝口令ひかれてたんでしたっけ。
あの責任感に立ち向かうにはよほどの覚悟が必要なんでW杯も始まりますし正解だったと思っております。
すみません、言い訳です。



で、待つこと数分…
キマシタ
201006101415000.jpg

やはり綺麗なビジュアルです。
スープを啜ると…
美味しい。

しっかりと煮干が効いているのですがもちろんえぐみは皆無。
逆にとりのまろやかさにきりりと煮干が効いていて味が分かりやすくなってます。
塩加減も絶妙。
さすがですね。
麺は太手揉み麺。
もぐもぐと食べ応えあっていいですね。
やはり大喜さんの麺、絶品です。
ただ小生、基本太麺派ですがこのスープを大喜さんの細麺で食べてみたい気がして…
贅沢な悩みです。

あっという間に完食、スープに小ライス投入し煮干とり雑炊開始。
スープも完飲し満足です。
さすが大喜!な一杯でした。

8.5点

★他にもラーメンの情報・ブログがいっぱい!! クリックお願いします
に<br />ほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

住所 〒113-0034
東京都文京区湯島3-47-2
電話番号 03-3834-0348
営業時間 11:30〜15:00/17:30〜22:00(土曜〜21:00)、祝日11:30〜15:00 ※スープなくなり次第閉店
定休日 日
座席数 カウンター11席 テーブル1×4席 小テーブル1×2席
喫煙 不可
最寄り駅 東京メトロ「湯島駅」
駐車場 なし(近くにコインパーキング有り)
Webサイト http://www.daiki1999.com/index.html





レポーター: 横綱

| 東京都文京区 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT